綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

血液をサラサラにする食べ物は?血液サラサラに効果的な運動方法と注意点!

前回の記事では、血液がドロドロとはどういうことか、またその理由と放っておいたらどのような病気になるかについてお伝えしました。

今回ではその対策としてどうすれば血液がサラサラになるのか、食べ物や運動などについて解説していきます。

スポンサードリンク

血液をサラサラにする食べ物は?食事は何に気をつければいい?

血液がドロドロになる原因は生活習慣が大半を占めるということはご理解いただけたかと思います。
そこで改善ポイントとなるわけですが、まずは血液に対して影響が大きい食べ物の習慣から見なおしていくことが大切です。

前回のおさらいですが、血液がドロドロになりやすい食べ物は

  • アルコール
  • 甘いお菓子やジュース類
  • 肉類(脂肪分)の摂り過ぎ
の三つです。これらが大きな要素となります。

つまり、この三つを減らしていくのが近道なのですが、困ったことに、これら三つはとてもとても美味しいので(笑)なかなか完全になくすというのは難しいですよね。
そこで、これらを食べる時の注意点をご紹介していきましょう。

アルコールを飲む時に注意すべきこと

まずアルコール類。代表的なビールには糖分が多く含まれ、ドロドロの血液の原因になりやすいお酒です。飲みたい気持ちはよくわかりますが、特に飲み過ぎには注意が必要です。

そしてビールを飲むときに気をつけていただきたいのがおつまみです。脂っこいもの、しょっぱいものは特にビールに合いますが、それらが血液のドロドロを加速させます。野菜中心やしょっぱすぎない魚物がおすすめです。

ワインなどに含まれるポリフェノールは血液をサラサラにする効果があるとされており、意識して飲んでいる方も多いかもしれませんが一日にグラス2杯くらいまでに抑えるようにしましょう。果実酒には糖類も多く含まれています。

アルコール類を飲むときは水と一緒に飲むようにするよう心がけましょう。アルコールには利尿作用があるため、気付かないうちに脱水状態になりがちです。水分不足はサラサラ血液の大敵なので注意してください。

甘いお菓子やジュース類についての注意点

つぎに甘いお菓子類ですが、間食する際はまず食べ過ぎに注意しましょう。血液だけの話ではなく、健康な身体を保つ基本です。

おやつを食べるときは表示されているカロリーや塩分などに注意して、低カロリー・低塩分なものをたべましょう。血液ドロドロで悩んでいる人は正直、今までこういった成分表示なども意識的に見てきていない人が多いものです。注意深くチェックすることで今までの自分の食生活がいかにいい加減であったかに気づくことも健康への第一歩です。

毎回おやつに甘いお菓子を取るのではなく、代わりに果物などを取るようにするといいですよ。とはいえ果物にも果糖がありますので摂り過ぎは禁物です。

そして最後に、ジュース類ですがはっきり言ってしまうと糖分の塊です。テレビや雑誌等でも清涼飲料やジュースには角砂糖が何個分入っているという写真がよく紹介されているので一度は見たことがあるのではないでしょうか?飲み物でいうとコーヒーも大量の砂糖を入れたり、トッピングが甘すぎるととんでもないカロリーと糖分になっているので注意が必要です。
水分補給には水やお茶を飲むようにするのがベストです。

スポンサードリンク

肉類(脂肪分)を食べる時の注意点

最後にお肉を食べる時ですが、なるべく脂肪分が少ない赤み部分を選んで食べるようにしましょう。鶏肉で言えばもも肉、豚肉で言えばバラ、牛肉で言えばカルビなどが脂っこい部位になります。できるだけ避けるようにしたいですね。
肉類が完全にダメというわけではなく(完全に抜くことは健康に良くない説もあるくらいです)、赤身肉など部位を選んで健康的に食べることがポイントです。
そして、肉類を食べるときには野菜も多く一緒に食べるようにしましょう。

サバやイワシなど青魚類には血液をサラサラにする効果のあるDHAが多く含まれていることがわかっています。
最近では美味しい調理済みの青魚のお惣菜がスーパーでも多く売られていますので、好みに合う料理を探すのも楽しいはずですよ!

血液をサラサラにしてくれる運動方法と注意点は?

食事に気をつけていけば血液のドロドロ状態は徐々に改善していきますが、それを更に効果的にするのは運動です。

血液がドロドロの状態の人の多くは運動不足の状況にあるので、血液だけでなく、自分の健康な身体を持続するために適度な運動を習慣づけていきたいものです。

とはいえ急激な運動をいきなり始めるのは厳禁です!激しい運動は逆効果で、軽めの運動の方が身体に負担もなく良いとされています。
普段なかなか運動できていない方はちょっとした生活習慣から見なおしていくといいでしょう。

例えばいつも自転車や車で行っていたコンビニに歩いていく、バスや電車を使っている方はひと駅分を歩く、エスカレーターやエレベーターを避けて階段を使ってみるなど・・・。

歩く」、というのは基本的な運動ですが習慣づけていくとなかなかの効果を発揮します。ひと駅分歩く、階段を使う、というのはやってみるとなかなかエネルギーを使います。そして日頃のストレス解消にもピッタリです。少しずつで良いので軽い散歩や歩くということを身体に馴染ませていきましょう^^。

慣れてきたら少しずつジョギングなどを取り入れていくと良いですね。足に筋肉がついてくると身体が軽くなるのが実感できると思います。

尚、運動をする際に必ず注意すべきことがあります。それは「こまめな水分補給」です。
身体の水分が減って脱水状態になるというのはかなり危険です。血液は水などよりもずっと濃い液体なので身体の水分が減るとどんどん濃縮されていってしまいます
暑い日などに汗をかいた場合にも注意が必要です。身体からあっという間に水分が失われていってしまいます。
水分補給をする際に意識して欲しいのが、ミネラルも多く摂取しておきたい、という点です。

血液をドロドロにする各種の原因は、身体にとって有益なマグネシウムなどをミネラルの体外への排出を促進することがわかっています。ストレスや過食などでミネラルが流れていっているところに水分不足はかなりのダメージを血液に与えてしまいます。
様々な種類のドリンクが販売されている昨今、ただの水分補給と考えず、ミネラルを多く含む飲み物をこまめに摂取するようにしましょう^^。

まとめ

血液に関して前回に引き続いてお伝えしていたしましたが、ドキッとされた方もいらっしゃるのではないしょうか?
血液がドロドロになるというのは誰にでもなる可能性のあることです。普段の習慣が大きく影響するものです。

自分のライフスタイルの都合上、原因因子を避けたり完全に取り除くのは難しい、厳しいと感じるかもしれませんが、できることから少しずつでも始めるよう意識を変えていきましょう^^。

血液がドロドロになる理由が生活習慣からくるのならば、血液をサラサラにするのも普段の生活習慣です!ご自身の体、快適な生活のためにも大事にしたいものですね。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪