綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

花見山公園、2015年の見頃はいつ?福島県のお花見スポットの楽しみ方

日本を代表する写真家故秋山庄太郎氏の「福島に桃源郷あり」の言葉でも有名な、花見山公園。その美しさはまさに絶景そのもので「桃源郷」という幻想的な雰囲気がピッタリ当てはまるスポットです。その美しさに、毎年全国から花見見物に訪れるという福島県の「花見山公園」についてお伝えします。

スポンサードリンク

花見山公園の基本情報

花見山公園の基本情報
住所:福島県福島市渡利
交通アクセス:
・JR東北新幹線・東北本線「福島駅」から渡利循環バスで「花見山公園入り口」下車徒歩約20〜25分
・JR「福島駅」から花見山臨時直行バス下車徒歩約10分
・東北自動車道福島西ICから国道115号・4号・114号バイパス経由で車で約30分
(但し、開花期間中は周辺の交通規制あるので注意)

桜情報:花木生産農家の方が善意で開放されている花見山公園。桜はもちろん、ウメ、ハナモモ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレンなど様々な花が咲き乱れる様子はまさに絶景です。

花見山のイメージ動画/東北・夢の桜街道推進協議会

花見山公園で花見見学をした人のコメント

花見山をテレビ画面ではなく、実際に初めて歩いたのは2013年4月のことですが、2012年秋頃に母を病気で亡くし、私は精神的に辛い日々を送っておりました。

福島市で暮らしている父の義姉は、そんな私を心配して「お父さんと一緒にうちに泊まりにおいで。そして次の日、桜を見に行きましょう。花見山はすごく綺麗なの。気分もきっと晴れるわよ」と誘ってくれたのが、花見山の美しさを知るきっかけです。昨年の4月も同じ場所に集まり、白色の桜や桃色の桜に囲まれながらのお花見は、父も私も自然のパワーを頂き、心癒され、伯母や従妹と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

スポンサードリンク

花見山公園 2015年の見頃はいつ?

2013年の4月8日に訪れたときは、全体的に桜は咲いていて綺麗でしたが満開ではなく、上から下を見下ろした時、蕾状態の枝が結構目立ったような気がします。2014年4月14日は、全体的に桜は花開いておりました。
今年(2015年)もお花見に訪れるとしたら、4月12日頃〜4月19日頃が、桜が美しく咲いて見頃なのではないかと思います。

お勧め場所は頂上です。花見山公園の山頂展望場になっており、前面には桜の花や緑の木々、後方には福島市の街並み、そして吾妻連峰も視界に入り素晴らしい景色でした。

自然風景を眺めながら食べたおやつやお弁当はおいしかったです。地図が記された石碑もあるので記念撮影にも良い場所です。

頂上に向かう中間ぐらいに咲いていた鮮やかな黄色い花畑(レンギョウ)と(菜の花)も見どころです。しばらく立ち止まり、アングルを変えて数枚撮影しました。きらびやかなイメージで印象に残ります。清楚なモクレンとは対照的だなと思いました。同じ景色のはずなのに山の上に登っていくと、公園入口付近から見た景色とは不思議なくらい印象が違うものでした。まるで1枚の絵画みたい。感動しました。緑色の草木に混ざる白や黄色、ピンク色の花などの色彩が素敵なのです。

大勢のお客様が前へ進んでいると、自分も同じようにひたすら前へ進んで、斜め横に広がる美しい風景を見逃してしまったりもしたことがあるので、お花見に訪れるときには、ときどきは立ち止まり、後ろを振り返ったり、左や右側などから素晴らしき花見山風景をじっくりと鑑賞して味わうのがよいのではないのでしょうか。もちろん周りの方のご迷惑になるようなことは避け、気遣いとエチケットは忘れてはいけません。

トイレは花見山公園入口以降常設していないので、シャトルバスを降りて近隣にある常設トイレや、公園入口直前の場所に設置してある臨時トイレで済ませておいたほうが安心でしょう。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪