綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

赤ちゃんのあせもが首周りにできた時のケア方法と治らない時の対策・予防方法!

赤ちゃんの皮膚は、大人の半分程度の厚みしかありません。それなのに、汗は大人の2~3倍かくというとっても汗っかきです。ということは・・・、当然あせもができやすくなります。
そんな赤ちゃんのデリケートな肌を守るためには、どうしたらいいのでしょうか?
今日は汗ばむ季節から夏にかけて気をつけてあげたい赤ちゃんのあせもについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんのあせもが首周りにできた時のケア方法は?

あせもとは、汗腺に汗や汚れが詰まって、炎症を起こした状態をいいます。

赤ちゃんは、大人より体温が高くて、新陳代謝が盛んです。汗腺も密集しているので、とても汗っかきなのです。
なので、夏ばかりでなく、冬でもあせもができてしまいます。あせもは痒みを伴なうこともあるので、赤ちゃんは自分でかきむしってしまうこともしばしば・・・。
そしてかいたところが傷になってしまったら、ますます悪化してしまいます。

そんなやっかいなあせもの一番のケア方法は、肌を清潔にすることです。

汗をかいたらこまめに着替えさせて、汗を拭くことを心がけてください。でも、乾いたタオルでごしごし拭くのはNGです。
赤ちゃんの肌はデリケートなので、濡らしたガーゼ等でこすらないようにやさしくそっと汗をぬぐってください。
軽くポンポンとたたくように、こすらないように拭きましょう

家にいるときは、シャワー等で洗ってあげるのがおすすめ!
濡れたタオルで拭くより、洗ってしまうほうが、汚れはきれいに落ちますものね!

洗うときに注意することは?

赤ちゃん用のせっけん等で、優しく丁寧に洗ってあげましょう。せっけんをよく泡立てて、泡で包むような感じで洗うといいですね。
そうするこてで、赤ちゃんのデリケートな肌を傷つけずに洗うことができるからです。
ガーゼを使うと洗いやすいですよ。

また、赤ちゃんはふっくらしているので、肌と肌が重なっていてしわのようになっている部分が多いですよね。そこの部分を優しく広げて、たまった汚れをすべて取り除きましょう。

そして、せっけん等が残らないように、やさしく丁寧に洗い流してください。
ただ、一日に、何度も汗を洗い流すというときは、毎回せっけんは使わなくても大丈夫です。せっけんを使いすぎると、必要な皮脂を奪ってしまうからです。なので、せっけんを使うのは、1日1回の通常の入浴の時だけにしましょう。

洗った後のケアはどうする?

洗った後は、しわの奥まできれいにやさしく拭いてあげます。ベビーローション等を塗って、お肌の保湿もお忘れなく!
そして完全に乾いてから洋服を着せてあげてくださいね^^。

ベビーパウダーは、賛否両論ありますが、筆者の個人的意見としては、パウダーを付けることで汗の出口をふさぐ場合があるので、あせもができているときは使わないほうがいいではないかと思います。
ただ、あせもの予防にはなるので、あせもができていないときは、使っても大丈夫!つけるときは、体が完全に乾いてからつけてください。
パフでパタパタするとパウダーが飛び散るので、少量を手のひらにとって、薄くつけてあげるといいでしょう。

筆者の娘は3月生まれで、真夏の時期に、ちょうど寝返りが始まりました。が、あれって体を起こすのにすごく力が要りますよね?普段より汗びっしょりになるんです。娘も汗だくになりながら寝がえりの練習をしていた思い出があります^^;。

なのでこまめに体を拭いたり洗ったり、着替えをさせていましたが、これが何よりのあせもケアだったと、実感しています。

必要以上の汗をかかせないケア方法とは?

その他にも「必要以上の汗をかかせない」というケア方法もあります。

汗をかくこと自体、いけないことではありませんし、「汗を出す」ということは必要なことです。でも、家にいるときは、クーラー等を上手に使って、汗をかきすぎないようにしてあげてください。
クーラーは、風が直接当たらないように気を付けましょう
赤ちゃんが快適に過ごせるために、室温は26℃くらいで、湿度は60%くらいが最適です。

スポンサードリンク

そして、着せるものにも気をつけてください。

あせもが首周りにできているのですから、首周りを締め付ける服はNGです。素材は、綿100%やガーゼ等、通気性が良く、汗を吸収しやすいものを選びましょう。

お昼寝の時等は、汗取りパッドを使ってもいいですね。背中の汗を吸収してくれます。
汗取りパッドがないときは、ガーゼやタオルを代用してもOKです。ガーゼ等を背中に入れておけば、赤ちゃんが汗をかいたまま寝てしまっても、ガーゼを引き抜けばいいだけなので、赤ちゃんにもママにも負担にならなくて安心です。 

とにかくあせもは、汗をかいたままにしないで、肌を清潔にすることが一番の対処法です。

赤ちゃんの首のあせもが治らない!どうすればいい?

たいがいのあせもは、1章でお話ししたように、肌を清潔にしていれば、だんだん治っていきます。
でももし、あせもがなかなか治らなかったら…

市販の薬をぬってみるのも一つの方法です。
それでも治らなかったり、かきむしったところが傷になって化膿してしまったり、「とびび」になってしまうこともあります。
そんな時は、病院へ行くことをおすすめします。

あせもは皮膚のトラブルなので、皮膚科に行けばいいと思いがちですが、赤ちゃんの場合は、小児科がいいでしょう。
小児科は、子供のあらゆる病気に対応しているからです。

病院で処方される塗薬として、「ステロイド軟膏」をもらう場合があります。「ステロイド」と聞くと、どうしても抵抗感があるという方もいらっしゃるでしょう。
ただ、あせもに適した種類のステロイドであり、塗り方等正しく使えば副作用もほぼありません。何より即効性があるのでかゆみが早く治まります。

それから、病院へ行くまでの痒みに対する応急処置としておすすめなのが
冷やす
ということです。
冷やすことで、痒みの成分である”ヒスタミン”の生成を抑えることができるからです。

  • 冷たいタオルで冷やす
  • 保冷ジェル剤で冷やす
これらの方法で、痒みの応急処置をしてあげてください。

それと共に、痒いところをかいて傷つけないために、赤ちゃんの爪を切ってあげたり、手にミトンをかぶせたり、そういった対策も行ってください。

赤ちゃんの首のあせも対策方法

あせもがせっかく治っても、再発してしまったら、またあの不快な思いをしなくてはなりません><。そんなことにならないためにも、再発防止はしっかりとしましょう。

とにかく、肌を清潔にしていれば、あせもはできません!!
1章で説明したことを常に行えば、あせもは再発しないというわけです。

まとめてみると…

1)肌を清潔に保つ
汗をかいたら、濡れたガーゼ等で拭うか、シャワー等で洗い流す
その後の保湿も忘れずに…

2)必要以上の汗をかかせない
クーラーを上手に使って、快適な室温を保つ

3)着るものに注意する
綿100%か、ガーゼ等、通気性・吸湿性の良いものを着せる

大きく分けて、この3つがあせもの一番の予防法です。特に、1)はとても重要です。
常に肌を清潔に保って、あせもができないように、赤ちゃんを守ってあげてくださいね^^!

まとめ

いかがでしたか?
大切な我が子をあせもから守るのは、
肌を清潔に保つ
これが一番のケア方法です。
汗をかいたらそのままにせず、すぐに濡れたガーゼ等で拭くか、シャワー等で洗い流してあげてくださいね^^!

▼ママ必見♪外出先で役立つあせも対策グッズの記事はこちら
赤ちゃんのあせも7つの予防ケア方法と外出先で役立つあせも対策グッズ!
スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪