綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

インフルエンザで子供の熱が下がらない時の対処法と看病で注意すべきことは?

冬になると多くのママたちが警戒する病気といえば・・・インフルエンザですよね。毎年予防接種が盛んに行われていても、感染者が後を絶たず、世間を騒がせます。

インフルエンザの特徴は、高い熱が出ること。小さな子供だけじゃなく、大人でも高熱とだるさでぐったりしてしまいますよね。インフルエンザは合併症を引き起こす可能性がある、危険な病気です。

もしもかかってしまったら、どのように対処したらよいのでしょうか?高熱への対処看病の注意点を中心に詳しく解説します。

スポンサードリンク

インフルエンザで子供の熱が下がらない、高熱が続く時の対処は?

インフルエンザウイルスの潜伏期間は1~3日。その後、突然高熱が出る形で発症するのが、大きな特徴です。通常、辛い高熱は3日ほどで収まりますが、なかには5日~1週間程度、高熱で辛い思いをすることもあります。

熱を出すのは、体がウイルスと闘っている証。発熱自体は心配することではありません。しかし、高熱の辛さを少しでも和らげたいとき、そして高熱に伴う他の症状を緩和させたいとき、どのような対処法をとれば良いのでしょうか。

まずは発症から48時間以内に受診しましょう

インフルエンザは発症から48時間以内の治療が勝負と言われています。病院でインフルエンザと診断されると、多くの場合「抗インフルエンザウイルス薬」が処方されます。

この薬を発症後48時間以内に服用した場合、発熱期間が1~2日短縮され、軽快までの時間を短縮すると言われています。冬から春先にかけて、咳や鼻の症状がないのに、突然38度を超える高熱が出たら、速やかに受診するようにしましょう。

解熱剤は自己判断で使わないこと

発熱は、体内に侵入したインフルエンザウイルスに抵抗しようとして起こるものです。ですから、解熱してしまうと、返って免疫機能を低下させ、回復を遅らせることになります。
薬での解熱は、「高熱でぐったりして夜眠れない」といったようなやむを得ない状況で、医師の指導のもと行うことが望ましいでしょう。

また、一部の市販解熱剤は、その成分がインフルエンザの合併症を引き起こす原因になると言われています。具体的には「ボルタレン」や「ポンタール」、「サリチル酸製剤」などです。
小児の風邪薬によく使われる「アセトアミノフェン(カロナール)」は合併症の原因にならないと言われていますが、いずれにしても解熱剤の服用は、自己判断では行わないよう気を付けてください。

高熱が辛いときはリンパや血管の集まる場所を冷やして

高熱を出すと、おでこを冷やすと良いと思われがちですが、実はあまり効果はありません。発熱時、より高温になっているのは、身体の内部です。おでこのような表面は、内部に比べると熱くないんですね。

しかし内部に直接冷たいタオルを当てることはできませんから、身体を循環する血液を冷まして、内部の熱を緩和させるのです。首の周り(後や横)そけい部(足の付け根の内側)には太い血管が集まっています。

この場所を冷やすと効率よく高熱を押さえられるのです。また、リンパは免疫器官のひとつです。リンパ周辺を平常な温度にすることにより、免疫機能が高まると考えられています。
リンパは太い血管と同じく、首周りや脇、そけい部に多く集まっています。

汗をかいたらこまめに着替えさせましょう

体温がどんどん上がっていく間は、寒気を感じることが多いでしょう。寒いと感じている間は、温かくしてあげてください。この間はむやみに解熱しないほうが良いでしょう。

体温が高くなると、今度は顔を赤らめて、汗をかくようになります。汗をかいたら、タオルで拭いてあげて、こまめに服やオムツを替えてあげましょう。
寒気がなく火照るようなら、布団を1枚薄くして、熱を発散しやすいよう調節してくださいね。

水分補給は経口補水液がおすすめ

発熱時は水分補給が大切です。食欲がなくても、水分だけはしっかり摂りましょう。水分補給をする際は、体への吸収を良くするため、塩分と少量の糖分を同時に摂取することが理想です。

しかし、市販されているスポーツドリンクは糖分の量が多いため、病気の際の水分補給には向いていません。病院や薬局で売っている、OS-1といったような経口補水液が良いでしょう。

スポンサードリンク

何日もぐったりしていたら再受診しましょう

インフルエンザにかかった子供の場合、まれに一度熱が下がっても、再びぶり返して高熱をだすことがあります。多くの場合、むやみに解熱剤を使用してしまい、ウイルスを撃退できていないことが原因と考えられています。

その他に、インフルエンザ脳症といったような合併症にかかっていることも考えられます。もし高熱が続いて、ぐったりとした様子であれば、再受診することをおすすめします。

インフルエンザに子供がかかると熱以外にどんな症状がある?

インフルエンザは、典型的には発症後3日ほどで症状が変わってきます。熱以外にどのような症状が見られ、どのように変化していくのでしょうか。

発症後1~3日の症状

まずは高熱から始まるインフルエンザですが、他の初期症状として関節の痛み筋肉痛全身の倦怠感食欲不振といった、全身症状が見られます。

発症後4日~1週間の症状

熱が収まってくると、咳、鼻水、喉の痛みといった呼吸器症状が見られるようになります。多くの場合、1週間程度で軽快します。

インフルエンザの合併症の場合

インフルエンザの合併症で最も多いのが「肺炎」です。インフルエンザで死亡する原因のうち、90%は肺炎によるものといわれています。また、5歳以下の乳幼児では、まれに脳炎や脳症を起こすことがあります。
その他、中耳炎や結膜炎、副鼻腔炎などを引き起こすこともあります。

手足口病の原因ウイルスであるコサッキーウイルスは、心筋炎を引き起こすことが知られていますが、近年インフルエンザウイルスでも心筋炎を引き起こすことが分かりました。心筋炎も、命に関わることがあるので、注意が必要でしょう。

インフルエンザにかかった子供の看病で注意すべきことは?

看病をするうえで、重症化させないためにはどのようなことを注意すべきでしょうか。また、家族にうつさないためには、どうしたら良いでしょうか?

脱水症状に注意を

高熱を出して、かつ食欲がないと、なかなか自分からは水分を摂らないかもしれません。しかし脱水症状は、重症化すると命に関わります
きちんと水分が摂れているか、注意深く観察しましょう。以下の症状が現れたら、脱水状態にある恐れがあります。時間外であっても、直ちに受診したほうが良いでしょう。

【脱水症状が疑われる状態】
・顔色が悪く、朦朧としている
・目の周りがくぼんでいる(乳児は頭頂部の大泉門がくぼむ)
・口の周りや皮膚が乾燥し、手足が冷たい
・口の中や舌が乾いている
・尿量が少ない(トイレに行かない・オムツが濡れていない)
・泣いても涙が出ない
・吐物に緑色のものが混ざる(胆汁性嘔吐)

湿度を60%以上に保ちましょう

家族内でインフルエンザを蔓延させないためには、ウイルスが繁殖しにくい環境を作ることが大切です。インフルエンザウイルスは乾燥した環境を好みます。
看病中は室内の湿度を60%以上に保ち、ウイルスを広げないよう気を付けましょう。お世話のたびに手を洗ったり、マスクを着用することも忘れずに。
加湿器については以下の記事でご紹介しています。
加湿器の種類と効果は?選び方のポイントから設置場所、かびとぬめりの予防方法まで解説!

軽快後も2週間は様子をよく観察しましょう

合併症の脳炎や脳症は、発症から3日、遅ければ2週間たってから発症します。時には嘔吐しながら、意識障害や痙攣を起こして急速に悪化していきます。インフルエンザの症状が軽快したからと言って、油断してはいけません。

合併症を起こす可能性があるインフルエンザ発症後2週間は、子供の様子を注意深く観察し、再び発熱したり、ぐったりした様子を見せるようなら、速やかに受診するようにしてください。
インフルエンザに伴う脳炎や脳症は死亡率が高く、早期発見・早期治療が明暗を分けると言われています。

おわりに

インフルエンザは症状が辛いだけではなく、命に関わるような重篤な症状を引き起こしかねない、注意すべき疾患です。ただの風邪か判断がつかなくても、晩秋から春先にかけて突然38度を超える熱を出したら、真っ先にインフルエンザを疑ってください

子供の命を守るのは、ママやパパの素早い判断です。自己完結せず、医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪