綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

こたつ布団のサイズの選び方と相場、激安ならいくらで買える?

寒い冬の必需品といえば、なんといってもこたつですよね^^。
こたつに入ってぬくぬくしたり、うとうと昼寝したり…考えただけでもほんわか、幸せな気分になっちゃいますよね。えむちゃんママは子供の頃からこたつにはいってみかんを食べるのが大好きでした♪
歴史の長いこたつだけに、今は進化を重ね、サイズもいろいろに。

そこで今回はこれからこたつ布団を新調しようとしているあなたのために、こたつ布団のサイズの選び方や相場激安ならいくらで買えるのか?についてお伝えしていきます!

スポンサードリンク

こたつ布団のサイズの選び方!天板の大きさの目安は?

こたつには、大きく分けると「正方形」「長方形」「円形」の3種類があります。
それぞれのこたつに合うこたつ布団はどれくらいのサイズになるのか?特に通販などでこたつ布団を買うときには実物を見れないだけに気になる所ですよね。

こたつとこたつ掛け布団のベストサイズは、こたつの各辺の長さ+100cmです。
ただし、こたつ掛け布団は、規格化されているので、ぴったり+100cmのサイズを見つけるのは困難です。
そこで、規格品のもので、ジャストサイズを以下に書いておきますので、こたつ布団選びの際に参考にしてみてください。

1)正方形のこたつの場合の布団サイズ

(天板:75〜80×5〜80cm)→布団サイズ 160×190cm
(天板:80〜90×80〜90cm)→布団サイズ「厚掛け」185×235cm 「薄掛け」190×240cm
(天板:90×90・高さ 63〜68のハイタイプ)→布団サイズ 235×235cm

おしゃれな正方形のこたつ布団を見てみる♪

2)長方形こたつの場合の布団サイズ

(天板:60〜90cm)→160×190cm
(天板:75×105cm)→「厚掛け」185×235cm 「薄掛け」190×240cm
(天板:80×120cm)→「厚掛け」205×245cm 「薄掛け」200×250cm 「省スペース」180×220cmまたは190×230cm
(天板:80〜90cm×130〜150cm)→「厚掛け」205×285cm 「薄掛け」200×290cm 「省スペース」180×250cm
(天板:80〜90cm×180㎝)→205×315cm
(天板:80〜90cm×210cm)→205×345cm
(天板:80〜90×135cm・高さ 63〜68cmのハイタイプ)→235×275cm
(天板:80〜90×150cm・高さ 63〜68cmのハイタイプ)→235×290cm

おしゃれな長方形省スペースのこたつ布団を見てみる♪

おしゃれな長方形のこたつ布団を見てみる♪

3)円形こたつの場合の布団サイズ

(天板:直径65cm)→「厚掛け」直径・175cm 「薄掛け」直径・170cm
(天板:直径75cm)→「厚掛け」直径・185cm 「薄掛け」直径・180cm
(天板:直径90cm)→「厚掛け」直径・205cm 「薄掛け」直径・200cm
(天板:直径110㎝)→「厚掛け」直径・225cm 「薄掛け」直径・220cm
(天板:直径120cm)→「厚掛け」直径・245cm 「薄掛け」直径・240cm

おしゃれな円形こたつ布団を見てみる♪

部屋の大きさによってベストなこたつのサイズは違ってきますので、購入前にしっかりサイズを把握してからこたつを選んでくださいね!


スポンサードリンク

こたつ布団 長方形省スペースと正方形、円形の特徴とメリットは?

最近「長方形省スペース」というこたつ布団を目にしますが、これはどういう特徴があるのでしょうか?

まず、掛け布団の四隅の角を折りたたんであるので広がりにくく、幅を取りません。そして広がらない分、足を引っ掛けて転倒してしまうといった危険も少なくなります。
ただ、掛け布団自体はどちらかというと薄目なので、中には“寒い”と感じる人もいるようですので参考までに。

最近は、フラットタイプの従来品と変わらない品揃えで、充実してきました。機能面のことも考えれば、「長方形省スペース」タイプもいいですね!

次に「正方形」のこたつ布団ですが、とにかくコンパクトで、他のこたつに比べて値段が安いです。
品ぞろえも豊富だし、お店や通販でも手に入りやすいのが正方形です。デザインもサイズも豊富で一人暮らしの人にも扱いやすくて気軽に使えて便利です。

最後に「円形」のこたつ布団ですが、角が無いので、見た目もやさしくおしゃれな感じを与えてくれます。こたつ自体角が無いということで、座る人数も一辺に何人まで…といった制約がないため、大勢の来客時にとても便利です。
ただ、こたつの脚より天板が外側に出ている分、奥行きがあるので、同サイズの正方形こたつより、収納時にかさばってしまいます
また、円形専用のこたつ布団は、若干手に入りにくいといったデメリットもあります。なので円形にこだわるのであれば通販で探すとお気に入りのデザインを見つけやすいでしょう。

こたつ布団の相場はどれくらい?激安ならいくらで買える?

お値段は一番気になるところですよね!

こたつ布団ももちろんその素材や質、デザインで当然のことながらピンきりですが、お店や通販などで比較してみたところ

正方形のこたつ掛け布団一枚で1,780円(長方形は2,999円)という超激安なものがありました。
また、違うメーカーのもので、長方形のこたつ掛け布団が2,000円や、2,490円で売られていましたので、サイズ比較で見ると上記のものより安いですね。

他にも掛け布団一枚で2,999円〜3,999円というもが結構ありましたので、正方形のもの一枚なら、3,000円前後〜4,000円前後のものが一番人気なのでしょう。
これが長方形になると、正方形のものより+1000円くらいになります。
上記は一枚分の値段ですが、長方形こたつ掛け布団&敷き布団セットが、5,560円というものもあったので、これはすごくお買い得ですよね。

とにかく安い激安こたつ布団を探すならこちら

またアウトレットで、

9点セット
正方形掛け布団・敷き布団・上掛けカバー2点(洗い替え用)・中掛け・クッションカバー2点・洗濯ネット・収納ケース
これらが1,980円(セール価格)とお買得のものもありました。

円形のものにあっては、安いもので一枚3,490円でした。安いものを探してもやはり他の形のものよりは少し割高ですね。

新品でなくてもいいのなら、リサイクルショップ等でチェックしてみるのもいいですね。

こたつ布団にもピンからキリまであって、ブランドや素材によっても値段は大きく変わってきます。

例えばブランド物の長方形・こたつ掛け布団は、一枚18,593円とか、隅々まで綿がぎっしり入っていて、国産オックスフォード生地のものが18,617円などなど。
高いものは普通に1枚で2万円弱くらいします。

高いこたつ布団ってどんなの?高級こたつ布団をみてみる♪

あまりにも安いものの場合は長持ちは期待できないと思ったほうがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?日本人であれば寒くなると恋しくなるこたつ^^。老若男女問わず、誰からも親しまれていますよね。
そんな暖かいこたつで、今年も寒い冬を乗り切りましょう!

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪