綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

急性胃腸炎はうつる?症状と原因、回復期間はどれくらい?登園はいつからできる?

急性胃腸炎はうつる?症状と原因、回復期間はどれくらい?登園はいつからできる?

急性胃腸炎って本当になった本人も、それを見守る家族もつらいですよね><。
急性胃腸炎は、子供から大人までなりやすい病気の一つですが、初めて子どもが急性胃腸炎になるとママはどうしたらいいのか気持ちが焦ってしまいがちです。
そこで今日は、急性胃腸炎にはどのような症状があるのか原因予防方法いつから登園ができるのかなどについて、わかりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク

急性胃腸炎はうつるのか?症状と治療方法について

まずは、急性胃腸炎の症状からお伝えしますね。

<急性胃腸炎の症状>

・激しい腹痛
・激しい下痢
・嘔吐
・嫌悪感
・頭痛
・胸やけやむかつき
・発熱

急性胃腸炎になると、恐ろしいことにこれらの症状がほぼ同時に起こります。
下痢に関しては、出すつもりがなくても出てきてしまうほど激しいものになります。そのため幼い子供であればビックリして大泣きすることがほとんどです。

大人であっても、初めて激しい急性胃腸炎になるとパニックになってしまう人も多いですし、幼いわが子が苦しむ様子を見てどうしたらよいのか分からず慌ててパニックになってしまうママもいます。ですが、まずは落ち着きましょう。

<急性胃腸炎の治療方法>

◎下痢や腹痛・嘔吐が落ち着く時があります。
その際に必ず病院を受診してください
症状によっては感染の恐れがあります。

◎水分はこまめに取ること
下痢や嘔吐で脱水症状になることが一番危険です!
症状によっては飲んだとたんに吐き出してしまうこともあります。胃を刺激しないためにも「常温の水分」を取ることが必要です。

えむちゃんママの子どもが初めて急性胃腸炎になった時にはとにかく脱水症状にならないようにと思って家にあったポカリやアクエリアスのようなスポーツ飲料を飲ませるようにしました。でも飲んでもすぐ吐いてしまい、結局は病院で点滴で脱水症状を防ぐことになりました。家で水分補給ができなければ病院で処置してもらえますので正しく症状を伝えるようにしましょう。

◎症状が落ち着き(1〜2日後)食事が大丈夫であれば「固形物」を避け「胃を刺激しない」食事をとりましょう。
・スープ
・ヨーグルト
・プリン
など

◎症状が良くなったら
・おかゆ
・うどんを柔らかく煮たもの

※いきなり固形物にしてしまい胃を刺激すると、下痢や嘔吐を再び起こすことがあります。
お医者さんに相談しながら食事をあげましょう。

<絶対にしてはいけないNG行為はなに?>

下痢止め、吐き気止めは飲んではいけません!!
大事なことは「体内を浄化させる」ことです。菌やウィルスの場合は体内にあるものを外に出さないと絶対に治りません。
辛いと思いますが、脱水症状にならないようこまめに水分補給をして体内のものを出し切りましょう

ここで気になるのが、感染するかどうかですよね。
うつるのか、うつらないのか、感染は原因によって異なります
では、これから原因と一緒に急性胃腸炎がうつるかどうか、そして予防方法についてお伝えしていきますね。


スポンサードリンク

急性胃腸炎の5つの原因と原因別予防方法!

急性胃腸炎原因は大きく分けると以下の5つにがあげられます。

<急性胃腸炎の原因と感染有無>

1、暴飲暴食
胃への負担が原因です。
食べ過ぎ、飲み過ぎ、感触のしすぎが胃に刺激を与え、胃酸をだし、急性胃腸炎を引き起こします。
同じことをすれば再び起こすこともあります。
※感染の恐れはありません。

2、過度のストレス
ストレスを溜めすぎると、(1)と同様で急性胃腸炎を引き起こします。
ストレスを発散しないと、なかなか治らない恐れもあります。
※感染の恐れはありません。

3、細菌による感染
これは主に「食中毒」です。
・サルモネラ菌
・腸炎ビブリオ
・カンピロバクター
・O-157
梅雨の時期から夏場に多くなります
食中毒なので毎回起こるわけではありません。
※同じものを食べていれば感染の可能性があります。そうでなければ感染しません。

4、ウィルスによる感染
・ノロウィルス
・ロタウィルス
冬場に多くなります。
感染すれば毎年起こることはあります。
※もともとは貝類などからの経口感染になりますが、二次感染する恐れがあるので気をつけなければいけません。

5、クスリ
・非ステロイド系消炎
・鎮痛剤ステロイド剤
・抗がん剤
上記のクスリを服用している場合で、急性胃腸炎かなと思ったら、すぐに服用をやめてかかっている病院に受診してください。
※感染の恐れはありません。

ひとことで「急性胃腸炎」といえど、原因にはこんなにも種類があるんですよね。
そこで気になるのが、「予防方法」。
以下に注意することで、急性胃腸炎は予防することができます。

<急性胃腸炎の予防方法>

・手洗いうがい
・ウィルスが流行る時期はマスクを着用
・夏場は食べ物をしっかり加熱して食べましょう
・ストレス発散をしっかりしましょう
・暴飲暴食は控え、ゆっくり噛んで食べましょう。

急性胃腸炎の回復期間はどれくらい?登園はどうすればいい?

回復までにかかる期間は、急性胃腸炎が起こった原因によって異なります。
おおまかに分けると、「非感染急性胃腸炎」と「感染急性胃腸炎」の2つに分けられますのでそれぞれ見て行きましょう。

<非感染急性胃腸炎の場合の回復期間&登園はいつから?>

・暴飲暴食
・過度のストレス
・細菌
・クスリ

これらが原因の非感染急性胃腸炎の場合は、下痢や嘔吐、発熱などの症状が治まり、食事を取れるようになれば大丈夫です。
早ければ2〜3日遅くなっても1週間くらいで治ります
治れば登園も可能です。

<感染急性胃腸炎の場合の回復期間&登園はいつから?>

・ウィルス(ノロウィルス・ロタウィルス)

これが原因の感染急性胃腸炎の場合は、以下のように治るまでにかかる期間が異なります。また二次感染予防の期間をみないといけません。

・ノロウィルスの場合
症状が2〜3日で治まり、二次感染を防ぐためそこから二週間ほどお休みをする
・ロタウィルスの場合
症状が5〜6日で治まり、二次感染を防ぐためそこから二週間ほどお休みをする

ウィルスが原因の場合には、はっきりと「登園してもいいのは何日間後」と数字では決まっていません。
お友達にうつしてしまっては大変ですので、かかった病院の先生にしっかりお話を聞いてから登園可否を判断しましょう。くれぐれも自己判断で登園を早めないようにしてください。

尚、ウィルスに関しては、嘔吐したものや下痢にウィルスが混じっています
家族や看病した人は、
・こまめに手洗いうがい
・マスクの着用
・排泄後の掃除(トイレ等)

をしっかりしてください。
これは二次感染を防ぐために大事です。家族みんなで急性胃腸炎になってしまうほどツライことはありません。

まとめ

知らないと長引かせてしまうかもしれない急性胃腸炎。
初めて子どもがなってしまったら、ビックリするのはどのママも同じです。でもパニックになる必要はありません。まずは焦らないで落ち着いて病院に行きましょう。夜間であれば、小児対応の夜間受付の緊急病院に行けば大丈夫です。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪