綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

mac重い原因は何?動作が遅いと感じた時に試してみるべきことのまとめ

毎日使っているmac、最近なんだかやたらめった動作が重くて使い勝手が悪くなってしまった。
以前はサクサク動作していたはずなのに、どうして?もしかして何か変なウィルスに感染したりハッキングされたのか?
それともこれはmac故障の前触れなのか?
何をしてもくるくる回るばかりの虹色のボールアイコンを眺めながらストレスを感じるようになったら試してみるべきことをご紹介します。

スポンサードリンク

mac重い原因はいろいろ!まずは日々、定期的に心がけたい3つのこと

まずは常に気をつけておきたいことの1つ目は、ウィルスチェックツールを常駐させて常に最新の状態を保っておくことです。
「Windowsに比べてmacはウィルスに強い」「macはウィルス感染しない」なんて噂が流れたこともありましたがそれはあくまでも大昔のお話。
macもインターネットに接続する以上は、常にウィルスやハッキングの危険性に接しています。ウィルスソフトは自己防衛のため必ずインストールしておきましょう。
また、ただ入れておくだけで更新しなければ意味がないので常に最新状態にアップデートされるように設定し定期的にウィルスチェックも行いましょう。
これはネットを使う以上は最低限の常識ですよね。

続いて2つ目はデスクトップアイコンの整理整頓です。
ついつい整理が後回しになっていろんなファイルがデスクトップに乱雑に並んでいたりしませんか?
実はこのアイコンもなかなか侮れないものです。たくさんのアイコンをデスクトップに置いておくとサクサクと動作する妨げになってしまうのです。すぐにアクセスできるように便利だからとたくさん並べたデスクトップのアイコンのせいでmacが重くなってしまっては本末転倒ですよね。
デスクトップにあるアイコンは、ウィンドウとして描画されるため数が増えれば増えるほど描画にかかる時間も増えるというわけなのですね。
デスクトップには必要最低限のファイルをきちんと整理してシンプルに表示するように心がけましょう。

そして3つ目はmac本体の掃除です。
主にmacを使う場所の環境にもよりますがもしもmacを使い始めて1年以上経つのに一度もファンの掃除をしたことがなければ要注意です。
意外にもほこりが入り込んでいるものなのであなどれません。ファンのまわりに手で触って取れるほどのほこりがあれば本体にも入り込んでいる可能性は大きいです。
これを放置しておくとどうなるか・・・最後はmacが「バン!」と爆発音のような音を鳴らして電源が入らなくなってしまうことがあります。私が実際にこれを経験しました(泣)。
その時の衝撃たるや・・・言葉では表すことができません。何度も電源を押してもまったく反応のないmacを前にボー然としましたね。
内部までは掃除できないとしても、せめてファンの回りは常にほこりが貯まらないようにキレイに気をつけておきたいものです。そしてファンの部分も不織布やティッシュペーパー等でほこりがあればふきとってあげましょう。
エアダスターも効果的です。ただしほこりを吸い込めばいいんでしょ、ということで掃除機を使ったりはしないでください。もちろん水洗いも厳禁です。

スポンサードリンク

mac 重い時、メモリとハードの空きをチェックする方法は?

日々、定期的に上記のことを心がけていてもmacは使っていれば重くなるものです。次にすべきことはメモリとハードの空きチェックです。
当然のことですが空きが少なければ動きは鈍くなってしまいますからね。
macでメモリの空き具合をチェックするのは、「アクティビティモニタ」から確認することができます。
「システムメモリ」タブから「空き」をチェックしましょう。

ハードの空き容量は、Finderウィンドウ下部のステータスバー部分からチェックすることができます。ステータスバーが非表示になっている場合には、「Finder」 > 「表示」 > 「ステータスバーを表示」で表示にできます。

ここで空き容量が少なくなっているのが確認できた場合には不要なファイルを削除するなり外付けハードディスクに入れるなりするとかなり改善されます。
動画や写真などは重いので貯まってくると結構な容量を食っている場合があります。

macが重いのを改善するためにすべき簡単な手順

最後に、パソコン初心者でもできる、重いmacを簡単に改善できる方法を2つご紹介しておきます。
その意味を知らずとも、筆者のように運が良ければ劇的に重さが改善されることがあります。

1)アクセス権の修復
「ディスクユーティリティ」でアクセス権を修復します。
やり方はいたって簡単です。Spotlight(検索)に「ディスクユーティリティ」と入力して、「ディスクユーティリティ」を開きます。
もしも検索で見つからなければ、「アプリケーション」 > 「ユーティリティ」から、ディスクユーティリティを起動することができます。
ディスクユーティリティが開いたら、起動ディスクを選び「アクセス権の検証」をクリックします。
ここで何かエラーが出れば続いて「アクセス権の修復」をクリック。時間がかかる場合もありますが、大抵の場合、mac自身が自己解決してくれます。

2)「セーフブート」でキャッシュをクリア
電源ボタンを押してmacを起動する時に、起動音が聞こえたら「shift」ボタンを押し続けます。
すると、Appleアイコンと進捗状況を示すギアマークが表示されるので、「shift」ボタンから手を離します。
これを定期的に実行することで、macに残っている様々なキャッシュをクリアにすることが可能です。

どちらも簡単なのでお試しして見る価値ありですよ^^。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪