綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

巻き爪の予防方法とは 病院は何科に行くべき?遺伝するものなの?

巻き爪の予防方法

巻き爪に悩んでいるのは特にパンプスなどの靴を履く機会が多い女性に多いとされています。これは巻き爪になった人にしか分からない苦しみですが、爪を切ってもいつの間にかまた皮膚に食い込んできて本当にコレ、とーーっても痛いんですよね!
どこまで本当かは分からないけれど「巻き爪は切ってはダメ」とか、「病院に行って治してもらわなきゃダメ」という話を聞いたりしたこともあるのではないでしょうか?そもそも巻き爪になる原因はあるのでしょうか?そして、あまりにも痛く我慢が出来ないため病院に行こうと思っているという人のために巻き爪の原因や、病院にいった場合の治療法巻き爪対策のグッズをご説明していきますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

巻き爪の予防方法 原因とひどくならないためにどうすべきか?

巻き爪を予防するためにも、まずは巻き爪になってしまう原因について知りましょう。巻き爪になる原因はいくつかあるのですがどうにもならないのが遺伝加齢です。遺伝については後で詳しくご説明します。
年を重ねるごとに爪が固くなってしまい巻き爪の原因になってしまいます。でも年を取ることは絶対避けることが出来ないのでこれはあらかじめ対策をするか、治療するかしかありません。

他の原因としては先の狭い靴を履いている人や、足に負担がかかるようなスポーツをしている人が巻き爪になりやすいです。私の友人もかなりひどい巻き爪に悩まされていましたが、確かに彼女はバレーボールを学生時代からずっとしていましたし、社会人になってからは職業柄、靴はほとんどがハイヒールでした。
このような原因で巻き爪になっている場合には、「スポーツをする時は靴にクッションを入れる」「つま先に負担がかからない靴を見つける」このような対策をとることで巻き爪は避けられます。

巻き爪は何科に行くべき?病院での治療方法と費用はいくらくらい?

巻き爪は何科で見てもらうのか?という疑問があるかもしれませんが、実は決まりはありません。皮膚科外科で見てもらえます。そして病院によっても爪を切ってくれるだけや、手術になったりといろいろなので治療方針を確認してから行くといいでしょう。

治療の仕方は2通りあり、軽症の場合はコットンを挟んだりワイヤーを使い巻き爪を治します。費用ははじめは1万円前後でそのあともコットンやワイヤーを取り換えるために通わなくてはいけないので1回当たり3,4000円程度かかります。
化膿などして重症の場合は手術になることが多く、その場合は保険がきくので20000円前後になります。


スポンサードリンク

巻き爪は遺伝するって本当?子どもが巻き爪になったらどうする?

先ほど巻き爪になる原因として遺伝があるとお話ししましたが、巻き爪が遺伝するというよりは爪の形が遺伝するということです。
爪は一人一人形が違います。両親のどちらかの形に遺伝することが多いです。両親どちらかが巻き爪という人は子供に爪の形が遺伝し、同じような生活習慣を送れば当然巻き爪になる確率が高くなります。

子供の爪は柔らかく変形しやすいので、巻き爪になりやすいですが巻き爪を治すこともできます
巻き爪になった場合は小さく切ったコットンなどを挟み爪を浮かせてあげましょう。そのとき挟みっぱなしにするのではなくこまめに清潔なコットンにかえてあげましょう。それでも治らない時は病院に行き早めに治療してあげましょう。

子供が巻き爪にならないように靴がきちんとあっているか確認してあげましょう。サイズは同じでも比べてみると少し大きさが違います。つま先部分が細くなっている靴もあるので気を付けてあげましょう。
自分が巻き爪でその痛みや不快感を感じているからこそ、子供には同じ思いをさせないようにちゃんと対策をしてあげたいものですね!

巻き爪 矯正グッズ「巻き爪ブロック」の販売店は?どこで買える?

巻き爪が化膿してかなりの重症の場合には病院に行くほうが良いかと思いますが、そこまでまだ重症ではないけれど「巻き爪っぽい気がする」、「巻き爪になりかけ」「痛いけど我慢できるくらいの痛さの巻き爪」であれば、自宅で簡単に使える巻き爪矯正グッズがあります。それが「巻き爪ブロック」です。

使い方も非常に簡単で病院に行くよりも金額が安くすみ、自分でカンタンにできるため、ヒット商品となり人気を集めています。確かにこの金額で巻き爪が予防できたり、改善できればすごく経済的ですし、いちいち通院する手間もないので時間的にもかなり助かりますよね^^。装着した状態での運動にも支障がない仕様とあって、巻き爪に悩まされがちなスポーツ選手にも愛用者が多いとのこと。

販売店ですが、巻き爪ブロックはインターネットで購入ができます。このようなグッズもある、ということで詳細を確認してみて、うまく活用できるようでしたら、巻き爪改善のためにお試ししてみるのもいいかもしれません。

巻き爪ブロック販売店サイトで詳細を見てみる!


まとめ

いかがでしたか。
巻き爪が化膿しているという場合はすぐに病院に行きましょう。化膿しているのを放置していると、ばい菌が入りただの巻き爪だけで終わらなくなってしまいます。人間は毎日歩きますが、巻き爪の重要ポイントは何といっても「」です。つま先が細くなっている靴は巻き爪だけでなく外反母趾を誘発することもあります。できればそのような足に負担のかかる靴は避けたいところですが、女性である以上、オシャレのため、今日はどうしてもこの靴で勝負したいという日もあるでしょう。
そんな時は仕方がないかもしれませんが、負担のかかる靴を履いた日は足のケアをしっかりして翌日以降は足に負担のない靴を履くなど上手に切替をしていきましょう。

子供に爪の形が遺伝してしまった場合には巻き爪がひどくならないように注意深く足を観察してあげ、ひどくならないように関心を持つようにしてあげて下さい。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪