綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

マヌカハニーとはどんな効果・副作用があるの?選び方と注意点!

はちみつはとても健康に良いというイメージがありますよね?
中でもここ数年人気を集めているのが「マヌカハニー」。マスコミにも出てくるので名前を目にしたこともあるのではないでしょうか?

とはいえ、普通のはちみつと何が違うのか?詳しくはよくしらないという方もいらっしゃるのでは?
そこで今回はマヌカハニーの効果知らないと怖い副作用、選び方や注意点、食べ方などを解説していきます。

スポンサードリンク

マヌカハニーとはどんな効果・副作用があるの?

マヌカハニーとは、一言で言うならば

ニュージーランドで自生するフトモモ科の低木「マヌカ」という植物の花からとれる蜂蜜のこと

を指します。ニュージーランドでのみ生産されているものです。

マヌカハニーには、実は普通の蜂蜜とは違うすごいパワーがあるということで、スーパーフードとして人気を集めるようになりました。

ニュージーランドでは、薬として医療機関で処方されていて、成分も、ビタミンB類、ミネラル類、ポリフェノール類、酵素etc100種類以上の栄養素がバランスよく含まれています。
これだけでもすごい!と思ってしまうのですが、健康だけでなく、美容にも優れた効果があるのです。

そこで、具体的にまとめてみました。

マヌカハニーの効果1)抗菌・殺菌作用

ピロリ菌、ブドウ球菌、サルモネラ菌等のバクテリアに対する抗菌殺菌力が強い。

マヌカハニーの効果2)インフルエンザや風邪の予防

炎症をお抑える効果もあるので、のどが痛いときや鼻が詰まっている時に、直接食べたり、白湯やホットミルクに溶かして飲むと良い。

マヌカハニーの効果3)虫歯や歯周病、口内炎の防止効果

口内炎に直接塗ったり、歯や舌に5mlに塗り、飲み込まずに1分間放置した後吐き出し、その後30分は飲食しない。
これを朝食後と夕食後の2回行うと良い。

マヌカハニーの効果4)ガンの予防

乳がん、皮膚がん、大腸がんの、ガン細胞増殖を抑える効果があるということが、確認されている

マヌカハニーの効果5)傷の治癒

炎症を抑えるはたらきがあるので、火傷や傷の治癒にも効果的。傷口に塗った後、絆創膏を貼っておくと良い。

マヌカハニーの効果6)整腸作用

マヌカハニーには、ビフィズス菌、グルコン酸、オリゴ糖etc善玉菌を増やす成分があるので、便秘と下痢の両方に効果的。
胃炎・消化不良・消化性潰瘍・十二指腸炎にも効果あり。

マヌカハニーの効果7)美肌・美髪の美容に

マヌカハニーの持つ保水力で肌に潤いを与え、抗酸化力物質の“シリング酸メチル”でシミやしわの防止に効果的。
ニキビの予防と改善にも。
化粧水に少量のマヌカハニーを混ぜてパックしたり、少量を洗顔料に混ぜて顔を洗うと、しっとりした肌を感じられる。
マヌカハニー100ml+オリーブオイル45mlを髪に塗り、30分放置、その後シャンプー&リンスをすると、艶やかな髪になる。

と、ここまで見てきても、本当にマヌカハニーにはいろいろな効果があるんですね!
でもそんなに強いパワーを持っていると、副作用があるんじゃないかって、気になりますよね?
実際のところはどうなのでしょうか?

マヌカハニーは、適量(1日小さじ4杯まで)の摂取であれば、健康被害はないという結果もあり、天然の成分のため副作用は基本的にはないとされています。

ただし、以下に該当する場合には、控えるようにしましょう。

マヌカハニーの副作用を避けるために

・マヌカハニーに含まれている成分のアレルギーがある人
蜂蜜のアレルギーがある人
1歳未満の乳児(※毒性のあるポツリヌス菌が含まれている可能性があり、乳児ボツリヌス症を発症するおそれがあるため)

スポンサードリンク

マヌカハニーどれがいいの?選び方と注意点

いざマヌカハニーを購入しようと思っても、いろいろな製品が売っているので迷ってしまいますよね?ここでは、マヌカハニーの上手な選び方と、注意点についてお話したいと思います。

まず、マヌカハニーには、UMF、MGO、TA、MGS、NPA等、何種類かのブランドマークがあり、100とか10+といった数字が表示されています。
この数値は、マヌカハニーの抗菌殺菌力の強さを示していて、高いほうが殺菌力が強いということになります。

やはり、抗菌殺菌力の数値で選ぶことが基本ですが、高い低いではなく、その人の目的に合った数値を選ぶことが大切です。
また、ブランドマークで言うと、ニュージーランド政府がかかわるUMFとMGOは、高い品質保証があり、信頼性が高いといわれています。
日本のネット通販で購入できるものは、MGOのものが一番多くなっています。

マヌカハニーブランドの種類1)UMF(Unique Manuka Factor)

・1998年、ピーター・モラン博士が発見
・まだマヌカハニー独自の抗菌成分が何なのかわからなかったので、“マヌカハニー独自の要素”を意味する「UMF」と呼ばれていた
・5+、10+、15+、20+、25+の5段階ある
・効果、濃度を数字にしたもの
・数値の高いほど抗菌力も高い
・10+以上のものは「アクティブ・マヌカハニー」と呼ばれていて、ニュージーランドの医療機関でも使われている
・薬代わりとして摂取したい場合→15+~20+のものがおすすめ
・栄養補給等毎日手軽に摂取したい場合→5+~10+のものがおすすめ
・消毒薬フェノールと同等の殺菌作用がある(UFM20+=20%濃度のフェノール)
・厳しい政府機関によって検査されている
・ニュージーランドの「UMFはちみつ協会」の正式認定を受けたものだけが、UMF表示できる

マヌカハニーブランドの種類2)MGO

・2008年、トーマス・ヘレン教授の研究チームが発見した抗菌性物質で、UMFと呼ばれていたものが、食品メチルグリオキサールだと解明
・UMFの成分の含有量を示したもの
・検査方法は、UMFよりも正確性が高い
・MGO20~MGO600が一般的(高い程効果がある)
・薬代わりとして摂取したい場合→400くらい~がおすすめ
・健康のために毎日摂取したい場合→100~250くらいがおすすめ
・ニュージーランドのManuka Health社の登録商標で、日本国内では株式会社TCNの商標登録となっている。

yajipink

スペックとしては、
最高MGO:MGO1100+
最高活性強度:活性強度39+
タイプ:生蜂蜜
価格:24,980円(税込)/容量500g

マヌカハニーブランドの種類3)NPA(Non-Peroxide Activity)

・“過酸化水素以外の働き”という意味で、食品メチルグリオキサールがどれだけ働き、抗菌効果があるかを示したもの
・UMFと同じ検査を行うため、UFMと同等の効果が期待されている
・5+や10+等の数値も、UFMと同じ
・厳しい政府機関によって検査しなくてもラベル表記できる
・加盟料等不要なので、品質の良いマヌカハニーでも低価格にて販売できる

マヌカハニーブランドの種類4)TA(Total Activity)

・「15+」や「20+」は、殺菌効果を表す数値
・高いほど抗菌力も高い
・過酸化水素(HP)と食品メチルグリオキサールを合わせた殺菌力を検査する
・マヌカハニー以外のはちみつの抗菌成分の検査をするときも、この検査方法で行われている
・TAは、MGOとHPを合わせた抗菌力を表示するので、MGO10+とHP10+=TA20+となる

マヌカハニーを選ぶ時の注意点は?

世界的なブームもあいまって、偽物も出回っているというマヌカハニー。とにかく偽物を購入しないことが最大の注意点です。

ブランドマークが記載されていないものは、抗菌殺菌力の検査がされていなかったり、数値が低いために表記がなされていないので、自分自身に見る目がある場合を除き、選ばないほうが無難です。

また、公の機関から認定されていなかったり、検査方法が明記されていないマヌカハニーは少し怪しいのでメーカーに問い合わせたほうが良いでしょう。

マヌカハニーの飲み方と食べ方、味はどんな味?

マヌカハニーをどのように摂取すればよいのか?飲み方と食べ方を3つに分けてご紹介します。

風邪予防や免疫力が落ちているなと思った時

1回5ml~15mlを1日3~4回、そのまま食べます。

空腹時のほうが、吸収しやすいので、食事の1時間前や、就寝1時間前に食べることが推奨されているようです。
食べた後は、しばらくは水等、飲まないほうがより効果的というお話も・・・。

尚、金属製のスプーンはMGOの活性力を弱めるかもしれないので、避けたほうが良いでしょう。

風邪の引きはじめや、のどが痛いとき

風邪をひいたときなどは、ホットミルクや白湯等、温かい飲み物にマヌカハニーを溶かして飲めば、体も温まります。
また、上記に生姜をすりおろしたものをプラスして飲むのもおすすめです。
作るのが面倒な時は、マヌカハニーのドロップも売っていますよ。

料理の調味料として使用

ジャムのようにパンやパンケーキに塗って食べるのももちろんOKです。

また、マヌカハニーを使ったお料理もおすすめです。
例えば、照り焼きチキンの照り焼きソースを作るとき、砂糖の代わりにマヌカハニーを使ったり、手作りドレッシングに入れたり、煮物を作るときに、砂糖代わりに入れると、コクが出ておいしいですよ^^。

ところで、マヌカハニーをまだ食べたことがないのであれば、どんな味がするのか気になりますよね?
普通のはちみつよりクセがありそうなイメージを持つ人も多いようです。

実際のところはどうなのかというと、見た目はとろ~りとしたキャラメルのようで、食感は普通のはちみつより水分量が少ないので、水あめみたいです。
味は結構濃厚で、マヌカの花は独特な香りがするので、やはり少しクセがあって、人によっては薬っぽく感じるかも…?
でも、なぜかクセになる~といういう人が多いんですよね。不思議です^^

もし、この味がどうしてもだめだという人は、抗菌力の数値が低いものから慣らしていくと良いかもしれません。
数値が高ければ高いほど、マヌカの成分は濃くなるので、どうしても味にもクセが出てしまうからです。

また、1章でも少しお話しましたが、適量(1日小さじ4杯まで)の摂取であれば、健康被害はないという結果も出ているので、1日の摂取量は多くても小さじ4杯までを目安にするようにしましょう。
どんな食べ物もそうですが、適量以上の大量摂取は逆効果を呼び禁物です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?健康のために生活の中にマヌカハニーをお試ししてみるのもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪