綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

ネイル資格はネイリストになるには必ず必要?気になる就職と給与の実態は…

ネイリストになるには?ネイル資格は必ず必要?気になる就職と給与の実態は…

ネイルって本当に可愛いですよね^^。ネイルサロンに行って華やかなネイルのデザインを選ぶのもワクワクするし、ネイル専門の雑誌を見ていても楽しくなっちゃいますよね。しかも、実際に自分のネイルがきれいに完成すると、なんだか女子力がぐぐ〜んとアップして気分もアゲアゲのるんるん♪に。
見てるだけでもわくわくしちゃう大好きなネイル。これを自分の天職にできたらいいなぁと憧れていませんか?

でも、実際じゃあどうやったらネイリストになれるのか?中学校や高校の進学指導で「ネイリストになる方法」を教えてくれるわけではないし、社会に出てからネイリストになりたいと思い立ったとしてもやはり、どうすればいいのかは自分で一つずつ調べていかなくてはいけません
そこで、今日はネイリストになるにはどうすればいいのか?ネイリストになるためには資格は必ずいるのか?ネイルの資格はどうすれば取れるのか?気になるネイリストの収入や労働時間についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ネイル資格はネイリストになるには必ず必要?最初はどうやって知識を学ぶの?

「ネイリストになりたい!だけどネイルの経験はありません・・・」というまったくの素人を一から育ててくれるサロンは残念ながらほとんどありません。
もちろん自分の親や親戚、知人などがサロンを経営していて横で見習いをしながらやって行きなさいというラッキーな環境にいるのであれば学びながらネイリストになることもできるでしょう。
でも一般的にはそのようなケースはまれなので、通信教育などで独学で学ぶネイルの学校(ネイルスクール)に通ってネイリストとしての基本知識や技術、テクニックを学ぶことになります。

ネイリストは、当然のことですが単純にただキレイに塗れればそれでOK、塗りと落としの技術だけあればいいというわけではなく(それだけなら素人でもネイル好きで上手な人がいっぱいいますよね^^)、爪の基本構造から始まり、大事な爪の病気や消毒等の基礎知識、皮膚科学や生理解剖学など、プロとしての知識とテクニックもきちんと身につけなくてはいけません。
学ぶことが思ったより多く、ネイリストになるためには通信許育などの独学よりは「スクールに通うのが一番の近道」とされるのは、それがゆえといえます。

もちろん、基本的な知識だけであれば通信教育など独学で学ぶことは可能です。
ですが、サロンによっては応募資格としてスクールの卒業生であることを指定するところもありますし、一番重要な対面での実技テクニックは通信教育では学びきれないケースが結構あります。
ネイリストは美容師さんと同様、人対人の施術+接客のお仕事なので、通信教育で学んだとしても最終的にはスクールの門をたたくというケースが多くなりがちです。

スクールのメリットとしては、この他にも同じ夢を目指す仲間との出会い自身のやる気や知識と技術のスキルアップにつながったり、生徒間の情報交換で就職情報を得ることもあります。

ネイルスクールのカリキュラムはどんな内容なのか?料金はどれくらいなのか?など、最新の情報を知るには資料請求を利用するといいでしょう。資料請求は無料ですし、複数のスクールの資料をまとめて取り寄せできるので今すぐスクールに通わないとしても最新の情報を得たり、比較検討するのに便利です。
また、スクールによっては資料請求をすると割引クーポンがはいっていることもあるので見逃せません・・・!

全国ネイルスクールの資料を無料で一括請求できるサイト

ビューティー資格ナビ ネイルは、日本全国にあるネイルスクールの資料を一括でまとめて資料請求できる便利なサイトです。資料請求はもちろん無料で、自分の知りたいエリアを選択すると、その該当エリア内にあるスクールや講座の一覧がずらりと表示され、チェックボックスにチェックを入れた資料をまとめてもらうことができます。
いろいろなスクールによって特徴があるので、ネイルスクールを比較検討するには一番便利なサイトです。


↓ビューティー資格ナビの資料請求はこちらから↓

ネイル専門学校だけではなくお気軽なプチ講座の資料請求もできるサイト

習い事でお馴染みのリクルートグループのケイコとマナブ.netでもネイルのスクールや講座の資料をもらうことができます。同じくこちらも資料請求は無料です。エリアや時期によっては、気軽に試せるプチ講座の資料請求ができることもあり、ビューティー資格ナビにはない講座や、違った資料、情報が得られるので便利です。


↓ケイコとマナブ.netの資料請求はこちらから↓

ネイルの資格は検定1級じゃないとダメなの?

ネイリストになるためにネイルの資格は必須なのでしょうか?もし必要なのであれば1級レベルじゃないのとダメなのか、気になるところですよね。

ネイリストの資格には大きく分けて以下の4つがあります。

■NPO法人 日本ネイリスト協会
・JNAネイル技能検定試験
・JNAジェルネイル技能検定試験

■NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション
・INAネイルスペシャリスト技能検定試験
・INAジェルネイル技能検定試験

参照サイト ネイル技能検定試験公式サイト

ネイルの資格は、美容師や理容師のように国家資格ではないので、資格を必ず取らなければ働けないということはありません。
しかし、実際の現場では就職求人の募集告知に「ネイル検定○級以上か同等の技術」と書かれているケースが多いので、サロン等での就職を考えるのであれば積極的に取得すべきです。
また、現在の自分のネイリストとしての知識・実力がどの程度なのかを確認するという意味でも役に立ちます。

参考までに書いておきますと、ネイリストの求人情報では、「ネイル検定1級」とまではいかなくても、「ネイル検定3級以上は最低限必須」となっていて、「ネイル検定2級」はネイルサロンに就職するのであればほしいところ、といった状況です。
また今はジェルネイルは基本なので「JNA2級以上」も事実上は必須となっていますので、ここを目指したいところです。


スポンサードリンク

ネイリストの就職は?収入や労働時間はどれくらい

ネイリストの就職先は、みなさんお馴染みの「ネイルサロン」が一番多いです。
ただ、ネイリストの活躍の場はネイルサロン限定というわけではなく、技術があればネイルサロン以外にも、美容室理容室エステサロンブライダルサロンなどで働く道もあり、またフリーとして働いたり、スクールのインストラクターとして活躍するケースもあります。最初はサロンに就職して現場で実践技術を積み、最終的には自分でネイルサロンを開業して独立を目指すというパターンもあります。

就職は、自分自身で目当てのサロンの求人をチェックしたり、ネット上の求人サイトからエントリーする方法があります。
ネイルスクールによっては卒業後試験などを受けて合格すると学校側が就職先を斡旋してくれることもあります。
ネイルスクール内に貼りだ出されているネイリストの求人チラシも要チェックです。

ネイリストの収入はサロンの規模や自身の実力、就職形態(正社員、契約社員、アルバイト)によってピンキリです。
サロンによっては、たとえば正社員の求人であれば

ネイル検定1級/月給:22万円以上
ネイル検定2級/月給:20万円以上
ネイル検定3級/月給:18万円以上
※試用期間(3ヵ月間)中は、一律月給14万円〜20万円

というように、同じ正社員でも持っている資格ランクに応じて給与額を分けているところもあります。

アルバイトの場合は平均すると、時給800円〜1,000円が一番多く、経験を積むことで1,500円までアップしていきます。

労働時間は決められた時間があっても、接客業なのでどうしても不規則になりがちです。
土日などお客さんが多ければ夜遅くまで残業があるサロンもあります。

また、ネイリストのお仕事は美容師と同じく、その時の流行や最新の技術を常に追っていかなければいけません
そのため仕事が終わった後に、自分のスキルを常に磨くためにも練習が必要です。サロンによってはみんなで残って技術講習を行うところもあります。

まとめ

華やかな見た目と違い、数字だけを見ればOL総合職などに比べるとお給料は少な目です。また、就職後も地道な努力が必要な職業ではあります。
それでも、毎日明るく楽しく自分の仕事に誇りを持って働くネイリストさんは多く、本当にネイルが大好きな人にとってはやりがいの大きなお仕事といえますね^^。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪