綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

熱中症になったらどうする?症状と対策 対処法を知っておけば安心!

最近どんどん気温が上がり暖かくなってきましたね。お出掛けする機会も増えてくると思いますがその時気を付けたいのが「熱中症」です。熱中症は毎年死亡者が出るくらい恐ろしいものです。特に赤ちゃんやお年寄りは気を付けて過ごさなければなりません。
熱中症という言葉は聞いたことがあるけど、熱中症ってどうなるの?なんて疑問はありませんか?
熱中症になった場合どうしたらいいのか、正しい症状と対策、対処方法を知っていますか?
熱中症にならないための予防法と一緒にご説明していきますね。

熱中症になったらどうするべき?赤ちゃんの症状と対応方法

赤ちゃんの場合は体温調節が自分で出来ないので熱中症になりやすいです。もちろん話すこともできないので気にして様子を見て熱中症なのか判断しなくてはいけません。

赤ちゃんが熱中症になった時の症状ですが

・体が熱くなっている
・顔色が悪い
・呼吸がおかしい
・おっぱいを飲まない

などです。

このような症状が見られた場合はすぐに涼しい場所に移動し、服のボタンなどを外し体を冷やしましょう
何か飲める場合は水分を与えるのですが、何も飲まない場合はすぐに病院に連れていきましょう。
症状が重くなるとけいれんを起こす場合があります。意識がなくなったり、けいれんを起こした場合はすぐに救急車を呼びましょう。

熱中症で子供が発熱したらどうする?対処方法は?

鼻水や咳などの風邪の症状がないのに38度以上の高熱が出た場合は熱中症を疑いましょう。
普通は汗をかき体温調節をするのですが、体に水分がなくなると汗をかくことが出来ずに体の中に熱が溜まり高熱が出てしまいます。

高熱が出た場合はすぐに病院に行きましょう。そして、赤ちゃんが熱中症になった時と同じように体を冷やしましょう。
アイスノンクーラーを使っても大丈夫です。
飲み物が飲める場合は水分補給を忘れずに。スポーツドリンクなどを飲ませるのが良いです。

40度以上の熱が出てる場合はとても危険な状態なのですぐに救急車を呼びましょう。

スポンサードリンク

熱中症対策と予防法 ならないための8カ条は?

1)水分補給
これはよく言われますよね。水分と言ってもジュースではなく、水や体を冷やす効果がある麦茶がおすすめです。
一度にたくさん飲むのではなく、少しずつ頻繁に飲むようにしましょう。

2)外出時間に注意
午後からは気温が一番上がるので気温の低めな朝や夕方に外出しましょう。アスファルトからの熱も子供の方が感じやすいので大人は大丈夫と思っても気を付けてあげましょう。

3)帽子をかぶる
頭は熱を吸収しやすいので帽子は必ずかぶりましょう。

4)通気性のいい服を着る
熱がこもらないように通気性のいい服を着ましょう。

5)冷房を使おう
節電と言われている今、冷房を使わなかったために熱中症になってしまったという方が多くいます。もちろん節電は大事ですが熱中症を起こすほど我慢する必要はありません。

6)休憩を取る
子供は親が気を付けますが外仕事をしている方はいつも以上にしっかりとした休憩を取るようにしましょう。

7)塩を補給しよう
汗をかくと体から塩分も流れてしまいます。毎回水と一緒に塩を取るのはやりすぎですが、塩分も気にしながら取るようにしましょう。

8)こまめに観察しよう
子供は自分で具合が悪くなったと言えないことが多いので親がきちんと気にしてあげるようにしましょう。もちろん子供だけではなく、一人暮らしのお年寄りや周りの人を気にすることが出来るといいですね。

まとめ

いかがでしたか?夏は気温が低い日で大丈夫と思ってもいつ熱中症が起きるかわかりません。
赤ちゃんや子どもとの外出の際には、常に飲み物は持ち歩くようにしましょう。
節電が気になりクーラーを使いづらいという方は服装を涼しくしたり、涼しそうなところに行くのもいいですよ^^。
レジャーに出かけることも多いと思いますが、しっかりとした計画を立てて無理のないように楽しい夏になるといいですね。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪