mac 日本語入力
WindowsユーザーがMacユーザーになって戸惑うこと、困ってしまうのは、「日本語と英語(アルファベット)の切り替え」ですよね。

画面右上の「あ/ひらがな」「A/英字」にカーソルを合わせてマウス操作で切り替えることはもちろん可能ですが、毎回これ文字入力をする度にキーボードの手を止めてマウスに持ち替えクリックして再びキーボードを打つのは・・・とんでもなく非効率で面倒!

そこで、この機会に日本語/英語に切替るショートカットキーを覚えてしまいましょう!
順にご説明していきます(^O^)

スポンサーリンク

日本語入力 切り替えるにはMacのショートカットキーを覚えよう!

「ショートカットキー」とは「ショートカット(近道)」+「キー」。別名、「キーボードショートカット」あるいは「ホットキー」とも呼ばれています。

要するにキーボードを使ってカンタンに特定の機能を実行することができる、というものですね^^。

で、本題のMacで入力文字を日本語/英語に切替るショートカットキーですが、Windowsでいうところの『「Alt」+「半角/全角|漢字」』にあたるものは、

解説

「コマンド」+「スペースキー」

です。

これで一発、無事解決!

隣同士のキーなので覚えやすく、キーボードで打つときにも非常に切り替えがスムーズ。
左手の薬指と中指でチャチャッと文字切り替え完了!ですよ^^。

Macの日本語入力はことえり?Google 日本語入力?どっちが便利?!

Macにはデフォルトでことえりが入っていますが、個人的には「Google 日本語入力」の方が使い勝手がよく、入力スピードがはかどるのでことえりはoffにして、Google 日本語入力のみを使っています。

スポンサーリンク

顔文字もすぐに出るので便利です。例えば「なく」と入れて変換のためにスペースキーを押せば、「泣く」はもちろんのこと、「(;_;)」「(泣)」など顔文字候補も出てきてくれます。

「ぺこり」と入力すれば変換候補には「ペコリ」「m(_ _)m」「m(__)m」が出てきます。(←「お辞儀」と入力しても候補に出てきます!)

メールを書いたり文章を綴る時には、顔文字をよく使いますし、文字候補の精度も高く、入力途中でも次の候補を次々と表示してくれるので文章を打つ速度アップにもすこぶる役立っていて、一度Google 日本語入力を使い出すと、ことえりには戻れなくなってしまいました。

もちろん好みもあるので人によってはことえりのほうが使い勝手がいいかもしれませんが、Google 日本語入力は無料なので、一度実際に試してみて、その使い勝手を比較してみるのといいでしょう。

入力言語は「言語とテキスト」で設定可能

Google 日本語入力をインストールした場合、「言語とテキスト」から設定が可能です。

全部にチェックが入っていると先ほど書いたショートカットキーでの切替が不便になるので、筆者の場合は自分がメインで使う「ひらがな」と「半角英数字」のみを選択チェックしていれています。

「言語とテキスト」

ことえりはそのまま残っていますが、選択をオフにしています。

ことえり

Macで文字入力をすることが多い場合には、ちょっとした設定でかなりの効率アップ↑↑↑になりますのでご参考下さい^^。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でえむずすたいるネットをフォローしよう!