綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

おみくじの凶の意味は?持ち帰る、木に結ぶ、捨てるのどれが正しい?何回までなら引き直しても良いの?

おみくじの凶の意味は?-持ち帰る、木に結ぶ、捨てる-引いた後はどうするのが正しい?-何回までなら引き直しても良いの?

新年の初詣の参拝で新たな1年の幕開けを感じるとともに、毎年楽しみなのが初詣のおみくじですよね^^。
大吉を引くと今年1年何かいいことが起こりそうな気がして新年早々気分が良くなるし、小吉や末吉を引くとちょっとガッカリ、凶を引いてしまうと、なんとなーく嫌な気分になったり、近々試験や何か重要な岐路が待っている場合には、落ち込んでしまうことも・・・。
でも、本当に凶を引くとその1年間は運が悪い、1年間を通してツイていないことが起こる、という意味なのでしょうか?
今回は、凶の本当の意味や、おみくじを引いた後のおみくじの取り扱い方おみくじは何回まで引いてもいいのか、そしておみくじの有効期限はいつまでなのかについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

おみくじで凶の意味は?連続して出るのはなぜ?

そもそも、おみくじとは一体何なのか、ご存じですか?当たり前のように初詣や神社に参拝するとおみくじを引いていますがそもそもの由来を知っている人は少ないでしょう。

おみくじとは本来、参拝した神社からのメッセージです。そして、大吉や凶と言うのは今のあなたの状態を表すものとされています。

大吉を引いた方は、今が一番勢いがある時。凶を引いた方は、吉より勢いがない、ということです。

つまり凶を引いたということは、「今のあなたは気が緩んでいて悪いものを引き寄せやすくなっているので、気をつけましょう。気を引き締めて過ごせば、いずれ良い物を引き寄せられるようになりますよ」と神様がおっしゃっている、ということなのです。
言い換えれば、大吉を引いた方でも、その後の過ごし方で凶に転じてしまうこともあるというわけです。

さて、連続で凶を引いてしまうという方もいると思いますが、内訳がどうなっているか気になリますよね?
実は、神社それぞれで内訳は違いますし、吉凶の順番も6段階、7段階、などバラつきがあります。全国どこのおみくじも統一の段階並びではないんです。神社によっては凶の無いおみくじもあれば、凶の割合が多いおみくじをおいている神社もあります。

連続して凶を引いてしまっても、凶は決して悪い意味では無いので、気にし過ぎる必要はありません^^。神様が「気を引き締めて!」と注意してくださっている、ととらえて、前向きに過ごすことで今年1年間はきっと良い年になるはずですよ!

おみくじで凶が出たら持ち帰る、木に結ぶ、捨てる、どうするのがいい?!

おみくじで、凶を引いてしまったらどうするのが一番良いと思いますか?
木に結んで置いてくる人、家に持ち帰る人、様々ですが、本当はどちらが良いのでしょうか?

木に結んで神社に置いてくる人は「おみくじを神社の木に結ぶということは、神様との縁を結ぶという意味があるので、結んで帰るべき」と、一方の家に持ち帰る人は「おみくじに書かれている内容は神様からのメッセージなのだから、持ち帰って何度も読み返すべき」と考えてのことですが、実は、どちらも正解で、どちらでも良いのだそうです^^。

スポンサードリンク

ちなみに、凶を引いた場合に利き手と逆の手のみを使って木に結ぶと、「困難なことを成し遂げた!」と言うことで凶が吉に転ずるという考え方もあるそうなので、凶を引いたときに試してみるといいかもしれませんね。

尚、いくら気に入らない内容が書かれてあったとしても、ゴミ箱に捨てるのはおすすめしません。ゴミ箱行きになるようであれば、おみくじを引いた神社の木に結びつけるか、お焚き上げで処分してもらうようにしましょう

おみくじは何回まで引いてもいいの?有効期限はいつまで?

「大凶」を引いてしまったから、もう1回おみくじを引きなおしたという経験、ありませんか?
おみくじを引く回数に制限や決まりはあるのか?、気になりますよね^^。

実は、「何回まで」と言うおみくじを引く回数は決められていません。なので、納得のいくまで引き直しても良いんですね。

とは言え、何度も引き直すと、どれを信じれば良いのかわからなくなってしまうもの・・・。そういう時は、一番最後に引いたおみくじがその時の運勢と考えましょう。

また、何度でも引き直しOKとはいえ、先ほど書いたようにおみくじは神様からのメッセージなので、大吉が出るまで意地を張って引き直し続けるのでは無く、一度切りの運試し、程度の心構えで引くのが本来は良いでしょう。

尚、おみくじの効果は1年間という決まりも実はありません。初詣に行った時におみくじを引くと今年一年の運勢占いのような気分がするので、そこで凶が出てしまうと「勢いのない運勢が1年間続くのか・・・」と落ち込んでしまうかもしれませんが、その必要は一切ありません
その時その時の運勢の勢いを表しているものなので、凶を引いてしまったのが心に引っかかるようであれば、季節毎に引いてみるというのも良いでしょう。神様が的確なアドバイスをしてくれるかもしれません^^。

おみくじは、結局のところ当たるも当たらぬもあなたの受け取り方とその後の行動次第です。良い方向に進むことを望むのであれば、その方向に進むための努力をすれば絶対にその一年はあなたにとって実りのある素敵な年になりますよ!

まとめ

さて、おみくじのちょっと気になる「」についてをテーマに今回はお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

実は、えむちゃんママ自身も若い頃は「大吉はいいもの、凶は悪いもの」と勘違いしていました。毎年必ず大吉を引くいとこを羨ましがったりしたこともありましたが、今はそんな風に気にすることもありません。たとえ大凶が出たとしても、これは神様が「気を引き締めて前に進め!」「調子に乗らないで、最後まで気を抜くんじゃないよ!」と暗示してくれているんだと思えば、ありがたいアドバイスと受け止められますし、よっしゃ~!頑張ろう♪と思えます。

もしも「凶」や「大凶」を引いてちょっと心配になっていたり、不安に感じているあなたにこの記事がお役に立てましたら幸いです^^。あなたの今年1年が素敵な年になりますことをえむちゃんママが陰ながら応援しています♪

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪