綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

結婚式の招待状 返信の書き方とマナーは?欠席する場合のご祝儀はどうするべきか

友人や身近な方から結婚式の招待状が届いたら、嬉しいものですよね。でも、何も考えずに招待状の返信を書いてしまっては失敗のもと。招待状の返事にも実はちゃんとした決まり事やマナーが存在します。
知らなかったとはいえこれを破って返信すると招待してくれた相手に対してとても失礼ですし、せっかくのお慶び事に水を差してしまいかねません。何より、非常識者の烙印を押されてしまっては悲しいですよね(´д`)。
そのためにも、しっかりと正しい返信の書き方を知っておく必要があります。
今回は結婚式の招待状の返信のマナーについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

結婚式の招待状 返信の書き方はボールペンでも大丈夫?縦書き横書き?

では、早速返信の書き方を見ていきましょう。

返信を書くときに使用する筆記用具ですが、基本的には毛筆・万年筆が良いとされていますが、ボールペンでも黒色であれば大丈夫です。黒以外の色で書くのは避けましょう

縦書きか横書きかは、いただいた招待状によります。縦書きであれば縦書きで、横書きであれば横書きで返信しましょう。

続いて、宛名面を見てみましょう。
「○○ ○○行」と書いてありますので、「行」を二重線で消し、「様」に書き換えます。

次に、表面の書き方です。出席する場合は「御出席」の「御」を二重線で消し、「出席」を丸で囲みます。「出席」の下に「させていただきます」と書き加えるのも忘れずに!
そして、「御欠席」を二重線で消しておきましょう。

また、「御住所」、「御芳名」の「御」、「御芳」も忘れずに二重線で消します。

空いた余白にお祝いのメッセージを一言書き添えると、好印象です。ただ、仲のいい友達であっても砕けすぎたメッセージはNGです。相手のご両親などに見られても恥ずかしくないメッセージにしましょう^^。

また、上級テクニックとして。「御」や「御芳」を消す際、二重線で消す代わりに「寿」の字を上に重ねて書くとおめでたい場にふさわしくなります。

もしも、やむを得ず用事などがあって欠席する場合の書き方ですが、出席の場合と同じく、「御出席」を二重線で消し、「御欠席」の「欠席」を丸で囲みます。「御欠席」の「御」も消してください。
「御住所」、「御芳名」の「御」、「御芳」も消し、空いた余白に欠席の理由を書き添えます。

結婚式の招待状の返信マナーで絶対に守るべきこと

さて、返信の書き方をご紹介してきましたが、守らなくてはいけない返信マナーを以下にまとめてみましたので、招待状の返信を書くときのチェックリストとしてお役立てください。

スポンサードリンク

結婚式の招待状返信のチェックリスト

・毛筆、万年筆、黒色のペンで書く
・宛名面の「○○ ○○行」の「行」を「様」に書き換える
・「御」、「御芳」などの敬語を二重線または「寿」の字で消す
・お祝いのメッセージは砕けすぎない

これらは、最低限守らなくてはいけない返信マナーですので、しっかり覚えておきましょう。
では、4つ目に挙げたお祝いのメッセージですが、具体的にどのようなことを書けばいいのでしょうか?砕けすぎていないメッセージってどんなものがいいの?とお思いの方のために例文をいくつか用意してみました。

結婚式の招待状の返信に書く一言メッセージ

・ご結婚おめでとうございます 当日楽しみにしております
・ご結婚おめでとうございます 花嫁姿を楽しみにしております
・ご結婚おめでとうございます 喜んで出席させていただきます

などなど。このようなお祝いメッセージであれば、とても好印象です。

結婚式に欠席の理由はどう書くべき?ご祝儀はわたすの?

せっかくのご招待だけどどうしても都合がつかない、というときもあるかと思います。
そんな時は、すぐに欠席の返信をするのではなく、電話で事前に報告をしましょう。いきなり、「出席できません」と伝えるのではなく、お祝いの言葉とともに、「出席できないかもしれないが、何とか調整してみる」という感じで伝えましょう。

いきなり「欠席します」では、相手に不快な思いをさせてしまいます。
電話での報告の後、改めて返信はがきで欠席のお返事をしましょう。
その際の欠席理由の書き方ですが、「都合がつかず・・・」や「所用があり・・・」など、直接「忙しい」などと書かないように注意です。
また、欠席理由が、身内の不幸・事故などの暗いものの場合も、はっきり書くのは避けます
やむを得ず欠席する場合は、当日に祝電などを送るようにしましょう。

さて、欠席の場合、ご祝儀はどうしたらいいのでしょうか?
事前に結婚する当人に会う予定がある場合は、そのときに渡しましょう。会う機会がない場合はご祝儀袋に現金を入れ現金書留で送ります。結婚式の1週間前くらいに届くように送るのがいいです。
包む金額ですが、出席した場合に包む予定だった額の半分から3分の1程度が良いとされています。例えば、3万円包む予定だったのならば、1万~1万5千円となりますが、1万5千円だと半端なので2万円にしてしまうのが良いでしょう。

さいごに

結婚式の招待状の返信の仕方をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
たくさんのルールやマナーは、慣れるまでは大変かもしれませんが、大人の嗜みでもありますのでしっかりと覚えておきましょう。きちんとした返信をすれば、評価も上がること間違いなしですよ^^!

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪