綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

溶連菌感染症の症状と感染経路、兄弟や大人にうつらないためにはどうすればいい?

夏が近づくに連れて子どもを持つ親としては熱中症の心配もさることながら、この時期特有の「夏風邪」にも気を使いたいところです。
風邪といえば「冬」じゃないの?と思いがちですが、意外にも夏の近づく時期から夏にかけて風邪を引く子どもは多いんですよね。しかも、この時期は「溶連菌感染症」も流行りやすいので余計に注意が必要です。
そこで、今日は、溶連菌感染症の症状感染経路兄弟や大人にうつらないためにはどうすればいいのか普段からの予防法などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

溶連菌感染症の症状と感染経路について知ろう!幼稚園・保育園はお休みしないといけないの?

はたから見る限りでは、風邪との見分けが難しい「溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)」。そのため、最初のうちはママも「あれ、風邪にかかったかな?」くらいにしか思わないことも多いようです。典型的な症状が出ていれば見分けもつきますが、そうでない場合は風邪と症状がとても似ているので気づきにくく、とはいえ、昔は隔離するような大病であり、特に小さな子供の場合には気づかずに放置すると後遺症など別の病気を引き起こすこともある怖い病気です。このことをしっかり頭に入れた上で、まずは溶連菌感染症の症状と感染経路について見て行きましょう。

溶連菌感染症の症状

・38〜39度の高熱がでる。
・喉の痛み
・嘔吐
身体や手足に発疹・かゆみがおきる
・舌にイチゴの様なツブツブとしたできもの(イチゴ舌)ができる
※アトピー性皮膚炎をお持ちのお子様は重症化する事があります。

↑赤字で書いた症状が出る場合には、「これはちょっと普通の風邪と違うな!」とすぐ分かるかと思いますが、そうではない場合には風邪と似ているので「ちょっと様子を見てみるか・・・」と見過ごしてしまいがちです。

溶連菌感染症の流行期間はいつ?

・春〜夏にかけて
・冬

同じ溶連菌感染症であっても、人によっては、ただ喉が痛くなり微熱があるだけの場合や、喉が痛くて高熱が出るだけのときもあるので、上に書いた流行期間時であれば、特に小さな子どもの場合はまずは小児科に連れて行くようにしましょう。
溶連菌感染症なのかどうかは、小児科で抗原迅速キットでの検査(綿棒でのどを擦る検査)を行うと早期診断が可能です。

溶連菌感染症と診断されたらどうすればいい?

溶連菌感染症の治療において何よりも大事なことは、病院で処方された抗生物質を必ず飲むことです。

病院で処方された抗生物質を飲めば、だいたい3〜5日で熱が下がります。
ただしここで注意しなくてはいけないのは、熱が下がっても薬を飲むのをやめてはいけません
熱が下がっても、身体に菌は残っているので2週間ほどは飲み続ける必要があります。もしもここで飲むのをやめてしまうと溶連菌感染症の再発や、更には、大きな合併症(腎炎)を招きます

溶連菌感染症は自然治癒は絶対にできない』ということを忘れないようにしましょう。

ちなみに熱が下がっても症状が改善してから2〜3週後の尿検査の結果が出るまでは完治になりません。それまでは、熱が下がっても、人にうつらなくても安静にするようにしましょう。

幼稚園/保育園・学校の停止期間は?

抗生剤を正しく服用した場合であれば、出席停止期間の目安はだいたい1〜2日くらいです。
これは、病院で処方された抗生物質を飲み、24時間経つと感染の力がなくなるためです。
ただし、皮膚の発疹がひどければ、もう少し長くなる可能性もあります。
そのため、登園や通学の前に再度病院で診察を受け、お医者さんから「治癒証明」をもらってから登園・登校させるようにしましょう


スポンサードリンク

溶連菌感染症の予防方法 兄弟や大人にうつらないためには?

溶連菌感染症に子供がかかって兄弟がいる場合には兄弟間の感染や、また大人にもうつる病気なのでパパやママへの感染も心配ですよね。
そのためには感染経路を知った上で、うつらないための対策が必要です。

まずは、感染経路について見てみましょう。

溶連菌感染症の感染経路

・飛沫感染
 咳・くしゃみ・つばなどから感染
・経口感染
 排泄物からの感染

発熱し始めの「急性期」が一番感染しやすい時期なので、一緒に暮らす兄弟であれば、やはりどうしてもうつりやすいです。また子どもが小さければママはかかりっきりで看病したりお世話をすることになるので、ママへの感染の可能性も高まります。

ただ、大人の場合は、免疫力が強ければ小さな子供ほどの感染影響はありません。

先に書いた通り、病院から出された溶連菌感染症の薬を飲んで24時間経てば感染力もなくなるので、そこまで怖がらなくても大丈夫ですが兄弟間の感染を避けるために予防方法はきちんと実施するのがいいでしょう。

溶連菌感染症の兄弟間の感染を避けるための予防方法

・部屋を別にするかなるべく接しない様にしてください
・部屋でもマスク着用
・食器やタオルなどは別々のものを使用
・食事の時間はなるべくずらし兄弟の接し時間を避ける

溶連菌感染症にならないための普段からできる予防策

・手洗いうがいをきちんとする
・流行る時期はマスクの着用
・食事・睡眠をしっかりとり免疫力をつける

普段から気をつける予防方法については、溶連菌感染症だから、ということではなく、はっきりいってしまえば他の感染症や病気の予防方法と変わりがありません。規則正しい健康的な生活習慣がすべての病気の予防策ということですね^^。

尚、どんなに予防しても幼稚園や保育園、学校などで流行していれば、かかってしまう場合もあります。ママがお仕事をしていたり、兄弟が多いと子どもの病気は時としてストレスや負担に感じることもあるかもしれません。それでも小さなお子さんのことを責めたりはしないでくださいね。病気にかかった本人が一番ツライということを忘れず、ストレスは別のところで解消しましょう。

溶連菌感染症の症状、実は知らないと怖かった!

え?!そんな怖いの?と思うかもしれませんが、溶連菌感染症にかかっても気づかずに「ただの風邪かな?」と思ってほっておくと上記で書いた通り、大きな合併症を引き起こす可能性もある、実は怖〜い病気なのです。
溶連菌感染症が原因で生じてしまう可能性のある合併症には以下があります。

溶連菌感染症が原因で起こる合併症例

・腎炎
・心臓や関節を冒すリウマチ熱
・急性肝炎
・中耳炎
・気管支炎
・リンパ節炎
・肺炎

ただ、大人の場合には免疫があり、鼻風邪程度で終わってしまうことも結構多いので、特に注意すべきは子どもです。
また、大人であっても、5日ほど高熱が続くなど症状が重い場合には、合併症が起きる可能性は高くなりますので、大人だからと甘く見ないほうがいいでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃんなど、年配の方が合併症を引き起こすと、急性下気道炎症や呼吸器の病気を引き起こし、そこから肺炎等で死に至る可能性もあるので十分に注意するようにしましょう。

まとめ

大事なうちの子が溶連菌感染症になってしまったらとても心配だし、いろいろな症状を知ると本当に怖いですよね。
なによりかからない事が第一ですが、もしなってしまったらこの記事を思い出して「正しい治療、早期治療で治る病気」であると安心して看病してください。ママの焦りが子どもを一番不安にさせる事をお忘れなく。そしてママも看病疲れで体調が悪くならないように、上手に休める時には休みつつストレスを溜めないようにしてくださいね!

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪