綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

新社会人として必要なもの、用意するものは?男性と女性別にあると便利なもの、役立つものリスト!

syakaijin

この春、新たに社会人となる大学4年生の皆さん。入社準備はバッチリでしょうか?入社直前になって焦らないよう、余裕をもって用意してくださいね^^。
今回は、基本的な入社準備品として社会人として準備しておきたいもの、必要なもの、あると便利なものや役立つものをご紹介します。中には価格の高いものもありますので、計画的に用意しましょう。

スポンサードリンク

新社会人として必要なもの、用意するものは?

男女関係なく、新社会人としてどのようなものを準備すれば良いでしょうか。服装がカジュアルだったり、外部と関わらない仕事もあるので、一概には言えませんが、あくまで一般的に必要とされているものをまずはご紹介しますね。

社会人としての身だしなみを整えるもの

・スーツ
特に制服や作業服の支給がなければ、ひとまずスーツを2~3着用意しましょう。カジュアルな服装の職場であっても、スーツは少なくとも1着は持っていたほうが良いでしょう。
ひとまず春夏用(またはオールシーズン)を買っておいて、秋冬用のスーツは様子を見ながら順次購入しても良いでしょう。
男性のスーツですが、新入社員はシンプルなシングルの3つボタンが良いでしょう。ダブルやスリーピースは、年齢や職位の高い人が着るものと考える人もいます。最初はあまりスーツで冒険せず、無難なものを選んだ方が良いでしょう。

腕時計
学生時代はスマホの時計で済ませていた人も、社会人になったら腕時計を用意しましょう。上司や取引先の前でスマホを見るのは、あまり礼儀に適ったものではありません
時計は華美なものを避け、アナログタイプが良いでしょう。

ハンカチ
学生時代はタオルハンカチを持っていたかもしれませんが、スーツのポケットに入らないので、ハンカチを5~7枚程度用意しましょう。ハンカチはアイロンをかける必要があります。
アイロンがけを面倒に思う方は、多めに用意したほうが良いかもしれません。

ビジネス用の革靴やパンプス
革靴は毎日同じものを履いていると臭いがつきます。1日履いたら2日休ませまるために、できれば3足持っていると良いでしょう。取引先の人と会う機会が多い職場であれば、靴はスーツ同様、目の行くところです。(もちろん職場内の評判にも関わるでしょう・・・!)くたびれた靴、ぷーんと悪臭のする靴を履いて行かないことは当然のエチケットです。
女性の場合は、パンプスは職場の雰囲気に合ったものを選びましょう。職場によっては、高すぎるピンヒールやミュールはNGなことがあります。

ビジネスバッグ
男性の場合、基本は黒かそれに近いベーシックカラーです。女性の場合も、かっちりとした素材の頑丈なものを選びましょう。
少なくともA4サイズが入る大きさが必要です。男性の場合、満員電車内での痴漢冤罪対策(痴漢と間違われないよう、両手で吊革を持つ)のため、肩掛けのビジネスバッグを選ぶ人もいます。

歯ブラシセット
男性であっても女性であっても、ランチ休憩後の歯磨きはマナーです。特に社外の人と会う場合は、息に食べ物の臭いを残さないようにしましょう。

ビジネスのサポートアイテム

名刺入れ
黒か茶、またはそれに近いダークカラーの革製がシンプルで良いでしょう。マチ付きのタイプが頑丈です。ステンレス製の名刺入れはカジュアルな印象があるので、職場によってはNGなので注意が必要です。
名刺を相手に渡すとき、名刺盆(元々名刺はお盆の上に載せて交換していました)の代わりに名刺入れに載せて渡すことがあります。名刺入れは相手の目に付くものですから、いつもキレイにしておきましょう。

文具
新入社員は覚えることがたくさんあります。いつでもメモが取れるように、ノートと筆記用具を持ち歩きましょう
ノート、ボールペン(黒・赤)、シャープペンシル、蛍光ペンがあると良いでしょう。

自動印
いわゆる「シャチハタ」です。会社によっては支給されることがあります。

手帳
スケジュール管理の必須アイテムです。今までスマホで管理していた人も、上司や取引先の前でスマホを開くわけにもいかないので、手帳を持ち歩くようにしましょう。
会社によっては支給されることがあります。

もしもの時に持っていると便利

略礼服
略礼服とは、冠婚葬祭で見かけるブラックスーツのことです。慶事にも弔事にも着ることができ、男性はネクタイの色で、女性はパールやストッキングの色で使い分けます。
略礼服を「礼服」と呼ぶ人がいますが、本来礼服とは、男性の場合モーニングコート(朝)や燕尾服(夜)のことで、一般的なブラックスーツはこれらを略式したものです。ご存知でしたか?ビジネスの場においては、礼服、準礼服(タキシードなど)、略礼服と言い分けるので、覚えておきましょう。
入社してすぐ関係者に訃報があることも考えられます。社会人として略礼服を持っていたほうが良いでしょう。余裕があれば数珠も用意しておきましょう。

折り畳み傘
スーツは濡れると皺になります。急な雨が降っても濡れないよう、鞄に傘を入れておきましょう。ウォーターフロントの軽量傘がおすすめです。


職場に常備薬があるかもしれませんが、自分にあった薬を会社のデスクに置いておくと良いでしょう。止瀉薬、胃薬、頭痛薬などです。眠くならないものがおすすめです。

スポンサードリンク

新社会人が必要なもの男性は何があると便利?

男性ならではの必需品や便利グッズをご紹介します。身だしなみに関するものが多いですが、実は考えている以上に周囲は「見た目」をチェックしていますよ。

男性の新社会人が必ず用意すべき必需品リスト

ワイシャツ
職場環境によりますが、白いワイシャツは少なくとも2~3枚は持っていたほうが良いでしょう。カラーシャツ含め、一週間回るくらいは用意しておきましょう。
6月からクールビズを行っている会社は、その時期だけボタンダウンのシャツが必要になります。(ネクタイをしないので、ボタンダウンでないと襟が寝てしまいます。)

ネクタイ
女性社員は、結構ネクタイの柄を覚えています。少なくとも7~8本は持っていたほうが良いでしょう。

Vネックのアンダーシャツ
クールビズ期間はネクタイをしないので、丸襟のアンダーシャツだと、ワイシャツの首元から見えてしまうことがあります。

スーツ用の靴下
薄めで穴が開きやすいので、多めに用意しておきましょう。基本は黒・紺・グレーなどです。白はNGです。

ベルト
リクルートスーツに使っていたもので大丈夫ですが、靴の色と揃えるようにしましょう。

財布
スーツのポケットに収まるものが無ければ、新たに用意する必要があります。通常、折り畳み財布をズボンのバックポケットに入れるか、ジャケットの胸ポケットに札入れ、ズボンのポケットに小銭入れを入れます。
若いうちは折り畳み財布ひとつで十分でしょう。

新社会人の男性が持っていると便利なものリスト

ズボンプレス
雨の日に着ると、濡れたり湿気を吸って、ズボンの折り目が薄くなります。ズボンプレスにかけて折り目を蘇らせましょう。スチームアイロンと当て布で代用することもできます。

ネクタイハンガー
ネクタイは普通のハンガーに掛けると皺になります。ネクタイ用のハンガーを用意すると、収納しやすく便利です。

携帯用エチケットブラシ
ダークカラーのスーツは、フケやホコリが目立ちやすい難点があります。こまめにスーツにブラシをかけると、清潔感があって好印象ですよ。

携帯髭剃り
髭が濃い人は、朝髭をそっても、夜になると目立ってきてしまうことがありますよね。夜に取引先や上司とお付き合いすることもありますから、さっとトイレで剃りなおすと良いでしょう。

新社会人が必要なもの女性の持ち物と必要な物リスト

仕事で走り回ったり、同僚や取引先と会食したり、さまざまなシチュエーションがあると思います。しかしどんなときでも、女性らしさを失くしたくはないですよね。女性として、どのような準備をすれば良いでしょうか。

女性の新社会人が必ず用意すべき必需品リスト

ストッキング
業種にもよりますが、基本的にビジネスに素足はNGです。肌色や黒のストッキングを用意しましょう。履きなれていない方は、入社前に練習しておきましょうね。またストッキングは伝線するものと考えて、取引先営業など外回りをする時には予備をカバンに入れておくと安心です。

メイクセット(控えめなメイク)
パールやラメが濃いメイクは好まれないことがあります。ナチュラルなメイクを心がけましょう。

ミニバッグ
ランチ休憩に行くときに財布やメイク道具を入れて持ち運ぶ、小さなバッグです。

新社会人の女子が持っておくと便利なもの

静電気防止スプレー
ストッキングとスカートの裏地は相性が悪く、静電気がとても発生しやすいです。スカートの裏地がまとわりつく感じがしたら、静電気防止スプレーをひと吹きしましょう。

脇用の汗取りパット
実はものすごく重宝します。仕事をしていると、汗(冷や汗含む)をかくことがよくあります。脇に汗染みができてしまったら、恥ずかしいですよね。
夏は毎日付けておいた方が良いでしょう。服のもちも良くなります。

ひざ掛け
ウォームビズを行っている職場であれば必須です。また、職場によっては男性社員に合わせた温度設定で、冷房が効きすぎて寒くなることもあります。
足元を冷やすと血流が悪くなり、仕事の効率も下がります。しっかり温めましょう。

裾上げテープ
スカートやパンツの裾がほつれてしまったときに、応急処置で裾上げができます。

足用消臭スプレー
ストッキング×革靴は、最も臭いに気を付けたい組み合わせでもあります。突然座敷席のお食事会に誘われることもあるかもしれません。
いつでも靴を脱げるように気を付けたいですね。

筆者おすすめの必殺アイテム

懐紙
懐紙をご存知ない方もいると思います。懐紙とは、茶道で使う二つ折りの和紙のことです。着物の懐に忍ばせるので「懐紙」と言います。筆者はいつも懐紙を数枚持ち歩いていました。
この懐紙は大変便利です。例えば会食で食べにくい魚が出たときに、そっと懐紙を出して押さえながら食べると、美しく食べることができます。
他にも、職場でのちょっとした集金のときに、お金をむき出しで渡さず、さっと懐紙に包んで渡すと、「気の利いた女性」という印象を持たれるかもしれませんね。
ワンランク上を目指す女性は、ぜひ持ってみてください^^。

まとめ

新社会人にとって、これから通う職場は未知の世界ですよね。身だしなみや必需品は、職場のルールや雰囲気によって多少異なるので、ひとまず必要最低限のものを用意しておき、残りは職場の雰囲気を見てから買うのが賢い方法です。
職場での第一印象は、今後の仕事のやりやすさを多少なりとも左右します。清潔感のある身だしなみと、気概を感じさせる準備で、あなたのやる気を示してくださいね!

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪