綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

ホワイトデーのお返しエピソード、10代、20代、社会人、恋人同士の4パターン!

ホワイトデーまであと1週間くらいになりましたね。今回は高校時代、大学時代、社会人の年代別でホワイトデーのお返しで思い出に残っている嬉しかったエピソードをさらに知人に聞きまくって、まとめてみました!
ホワイトデーまでの日数が少ないのでプレゼントを買うのであればこの週末にお店に足を運んで準備するのはどうでしょうか?
インターネット通販の場合、便利ですが、思ったのと違っていた、あるいはクッキーや焼き菓子などだと配送時に割れがあったなどトラブルがあっても返品・交換の時間が間に合わなくなってしまう可能性もありますからね^^。
それではエピソードのご紹介です。

スポンサードリンク

10代の高校生時代、ホワイトデーのお返しでバイト仲間からの告白!

高校生時代、バレンタインに私がバイト先の子にあげたのは義理チョコでした。手作りが好きで作ったチョコをバイトが一緒だった当時18歳だった男の子に渡したんです。
ホワイトデーの時にお返しがしたいから時間を作って欲しいと連絡が来たのでバイトの後にファミレスに入って話しをしました。
ただ、お返しだけの時間じゃなくて会話が出来たのも嬉しかったです。
食事を終えてお返しの話題になりました。

渡されたのは可愛らしい紙袋でした
見ていい?と聞いてから開けてみると中には可愛いクマのぬいぐるみが入ってました。
可愛いと思って取り出すと、クマは造花の白いバラを持っていました。
私はドキッとしました。
なぜかと言うとバイトの休憩時間の時にホワイトデーのお返しの話になって私が「好きな人になら白いバラとか貰って告白のお返しされたい」って言ってたからです。

海外では男性から女性に白いバラを贈ると聞いたことがあって憧れていたんです。
それでバラを見つけた瞬間に黙ってしまいました。
すると、相手が告白をしてきました。

私は素直に嬉しかったのでうなづきました。
今でもクマのぬいぐるみは私の大切な物です。
彼とは結婚して今は幸せです!イベントがあると白いバラを買ってきてくれます。

女の子は可愛い物が好きです。
小さな花束でも貰ったらとっても嬉しいですよ!ミニブーケだとか持ち運びにも邪魔にならない大きさのお花がいいと思います。

20代のホワイトデー恋人からのお返しプレゼントで嬉しかった思い出

ホワイトデーに会う予定はなかったのですが、夜急に電話がかかってきて「いま、家の近くまで来てるから出てこれる?」と言われてびっくりしました。
仕事が終わったあと一時間かけて来てくれていたようです。

待ち合わせの場所に行くと、私の好きな花の入った花束と、ブレスレットが入った小箱を貰いました。
そのブレスレットは以前何かの時に好きだとちらっと話したことがあるブランドのブレスレットでした。
覚えていてくれたことがとても嬉しかったです。

それから車で夜景の見える場所まてま行ってしばらく話をしてから、彼はとんぼ返りで帰っていきました。
ロマンティックなことができるタイプの男性ではないけど、こういうサプライズ訪問は女性からすると結構嬉しいものです。

スポンサードリンク

男性からすると照れ臭いかも知れませんが、ロマンティックなことやサプライズが嫌いな女性はまずいません。
それをわざわざ自分の為に計画してくれたんだと想像するだけで、女性は嬉しく感じます。
好きな人に貰うのだったら、恥ずかしくても素っ気ない渡し方より、ロマンティックな渡し方をされたほうが断然嬉しいですから、ぜひ素敵なシチュエーションで渡して欲しいですね。

職場の上司から新卒時代にもらったホワイトデーのお返し

新卒で就職したはじめての職場の上司、憧れの上司でした。
プライドが高く、なかなか思ったことを素直に伝えられないタイプの方でした。大学のOBでもあり、厳しくもあたたかく育ててくれる上司でした。

ホワイトデーの日に、私が上司の個室の部屋に入って仕事の報告をし、部屋を出ようとしたとき、
「あっ、○○さん、これ・・」といって、汗びっしょりの手で、ホワイトデーなのになぜか、高級なチョコレートをくれました。
さりげなく渡そうとしているつもりのようですが、緊張しているのが伝わりすぎて、自分でもどう返事してよいかわからず、「あー、今日ホワイトデーですよね、ありがとうございます。」と動揺しながら受け取りました。

ほかの職員の目がつかないところでもらえらので、特別感があって、正直、嬉しかったです。
業務上の話は、流暢ですが、ほんの少しプライベートな感じになると、かっこよくできてない感じが逆に好感を持てました

女性は、なにも高額なプレゼントをもらえたか喜ぶのではなく、どれだけ思いがプレゼントに募っているのかがわかるほうが、うれしいものだなと思います。プレゼントの金額ではなく、渡し方にポイントがあると思います。

大学時代の嬉しかったホワイトデーの恋人からのお花のプレゼント!

当時、付き合ってた彼氏にホワイトデーにお花を貰いました
お花を選ぶようなタイプじゃないので驚きましたが、とても嬉しかったです。
当時はお互い学生で、同じコンビニのバイトで知り合って、意気投合して付き合う事になりました。

付き合って初めてのホワイトデーに私はバイトをしていたら、彼氏がお客さんとしてバイト先に来て雑誌を立ち読みしてました。
彼氏はバイト先の近くに住んでいてバイトじゃないときも普通に買い物に来てたので気にしていませんでした。
他のお客さんがきれたときにレジに居た私の所に来て、「はい」って小さなアレンジのお花を渡されました。
なんか突然で恥ずかしくて「何?これ〜」って言って大笑いしてしまいました。
彼氏はちょっとムッとした感じで帰って行きました。

本当は凄く嬉しかったので、笑ったりしないでもっとかわいいリアクションをすればよかったと申し訳ない気持ちになりました。
バイトの後は、もともと会う約束していたので彼氏の家に行って、笑った事を謝ってお花嬉しいって話をして仲直りしました

まとめ

いかがですか?実際のホワイトデーのプレゼントをもらったエピソードには女心をくすぐるヒントがいくつも見えますよね^^。
残す所あと少し!今年のホワイトデーが、いつの日か振り返った時に素敵な思い出の日になりますように。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪