福原愛さんが株式会社omusubiの設立を発表して、会社の事業内容に大きな関心が集まっています。

負けず嫌いで一生懸命頑張る「泣き虫愛ちゃん」の可愛いイメージが強いだけに、一人の女性として結婚、出産そしてついには起業と、成長していく姿には感慨深いものがありますね!

愛ちゃんの設立した会社はどんな会社なのでしょうか?

福原愛 株式会社omusubi設立を発表!社名の由来とロゴが可愛いくて素敵

株式会社omusubiの設立を発表した福原愛さん。

会社は、小学生時代の友人と一緒に立ち上げたとのこと。

社名の「omusubi」は、日本人には馴染み深い「おむすび」と、「結び」に由来するそうです。

派手さはないけれども、いつも身近にあるおむすび。

その一粒一粒がぎゅっぎゅっと詰まっている様子を、

大切な人とぎゅっと手を取り合って、転がりながら、まあるく大きく、心に寄り添い支えてくださる皆様

と、応援してくれるファンに例えながら、「転がりながら、まるく大きく実りある人生になるように」と伝え、社名に込めた思いを明かしていました。

あたたかくて、素敵なネーミングですよね!

福原愛さんのSNSで公開された会社のロゴも角がない、まぁるいおむすびの形で、「結び(むすび)」の「m」「s」「b」が繋がっている様子が描かれていて、社名の由来が込められた可愛らしいロゴとなっています。

ところで、気になる会社の事業内容はどんな内容なのでしょうか?



株式会社omusubiの事業内容は?どんな会社なのか


1988年生まれの福原愛さん。

2018年10月21日に現役引退を表明するまで日本の卓球選手として大活躍、日本中を大いに沸かせてくれました。

台湾の卓球選手 江宏傑さんと結婚し、現在は2児のママです。

現役引退時に、「選手ではない違う立場で次のステップへ進みたい」と語っていた福原愛さんですが、まさに会社設立で次の新しい一歩を踏み出そうとしているわけですね。

気になるのは、株式会社omusubiの事業内容!

具体的な内容が明らかになっていないだけに、どんな会社になるんでしょうか。

会社立ち上げ理由として、

  • 子供たちが夢へと向かう環境づくりのお手伝い
  • アスリートの後輩たちに未来への道筋づくり
  • 世の中の役に立つ活動
  • 高齢者や障がい者も楽しみ幸せを感じられる活動

などを、これまでの選手生活の経験を活かしてやってみたいと明らかにしているので、今後これらが活動内容として具体化されていくようです。

実際、NHKの報道では福原愛さんの出身地である宮城県で

  • 子ども向けの卓球大会「愛ちゃんカップ」の開催
  • 宮城県内の障害者福祉施設に卓球台を寄贈

が計画されていて、「子どもたちの夢実現のための会社設立」であると伝えられていました。

福原愛さんのオフィシャルサイトが2021年3月にリニューアルするので、その際により具体的な内容が発表される可能性が高そうです。

株式会社omusubiがNPO法人や財団法人でないのはなぜの声も


福原愛さんの会社設立ニュースは大注目の的となっていますが、具体的な事業内容が公開されず、会社立ち上げの理由として「社会貢献活動を通じて恩返しをするため」と「社会貢献」が強調して見えるため、ネット上ではNPO法人(非営利団体)や財団法人にすれば良かったんじゃないか?との声も上がっているようです。

株式会社であれば、「利益」を上げていかなければいけません。

もちろん株式会社でも「社会貢献」はできますが、会社を存続させるためには「利益」と両立する必要があります。

当然、会社立ち上げの段階でどのような形態でやっていくべきか、今後の財政面についても検討しているでしょうから、この両方を実現できると踏んで法人化したと考えられますね。

まとめ

福原愛さんの会社設立ニュースは本当に各方面で大きな話題になっています。

国際的に活躍した福原愛さんのこれまでのキャリアを活かして、「子どもたちの夢実現」と「社会貢献」の理念を実現する素敵な会社として成長するように応援したいですね^^