礼服どこで買う
礼服を持っていますか?
社会人になると礼服という言葉をよく聞きますよね。

疑問

礼服はビジネススーツとは違うのか?
ビジネススーツを礼服として着ることは出来るのか?

など、疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、一応礼服は持ってるけど、ビジネススーツとの違いを言えと言われたら、よく分からない・・・ないなんて方も多いものです。

礼服は1着持っているだけで結婚式やお葬式にも使えるので、社会人になれば必ず用意しておきたいものです。

これから礼服を買おうと思っている方、礼服についてまったく分からないという方は、今回の記事では礼服について詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

尚、この記事では分かりやすいように「略礼服」のことを略式して「礼服」として表記しています。
厳密な、礼服と略礼服の違いについては以下の記事をご参照ください。

スポンサーリンク

礼服 どこで買うのがいい?相場はどれくらいする?

まず礼服はどこに売っているかですが、青山やAOKIなどのスーツ販売店に売っています。女性や若い方はAOKIに行くと種類も豊富ですし、若い人向けのデザインが多くなっています。礼服は色を見れば値段がわかるといわれているので、いい礼服が着たいという方は品質にこだわっている青山に行くといいですよ。

礼服の相場はピンキリです。黒色が濃いか薄いかで値段が変わってきます。

安いものですと1万円以下でも売っています。ただ、1,2万の礼服の場合明らかに黒とは言えないくらいの色の薄さになり、みんな礼服を着て居る場に行くとはっきりと違いが分かってしまいます。3万以上になるとそこまで色の違いは分からないと思うので参考にしてください。

スポンサーリンク

礼服とスーツ 見た目に違いはあるのか?代用はできる?

礼服とスーツは全く別物です。代用は出来ません
まず礼服とスーツは色が全然違います。ビジネススーツにも黒色はありますが礼服と比べると黒色の違いがはっきり分かります。そしてビジネススーツは黒でもよく見るとストライプが入っていたりするのですが礼服には柄は入っていません

他にも生地の違いなどありますが、誰が見てもわかるのは背中の切込みがあるかないかだと思います。礼服には切込みがありません

礼服を知らない人は代用できるかもと思ってしまうかもしれませんが、礼服を着る場所では明らかに見た目が違ってしまうので代用はやめましょう。礼服は1枚あれば何年も着れるので1枚は準備しておきましょう。

礼服インナーは何を着るべき?葬式と結婚式の違いについて

礼服のインナーですが、葬式の場合女性は黒、男性は白いワイシャツに黒のネクタイアクセサリーは基本結婚指輪だけです。パールのネックレスは涙の意味があるのでつけてもいいですがその場合は一連のパールのネックレスにしましょう。

結婚式の場合は男性は白いワイシャツに白やシルバーのネクタイ、女性は礼服を結婚式に着るのは避けた方がいいかもしれません。
昔は礼服を結婚式、お葬式と兼用することが多かったみたいですが、最近は少し変わってきています。

結婚式ではやはり華やかな服装が好まれるようになってきました。礼服だと女性はどうしても暗くなりすぎてしまいます。

もし礼服を結婚式に着ようと思っている方は、髪型やアクセサリー、インナーなどを華やかにしてみるといいかもしれません。

まとめ

実は筆者も礼服とビジネススーツの違いについて、つい最近知りました。

突然不幸があり慌てて主人と買いに行ったのですが、二人とも持っていませんでした。

「お金もかかるし、安いのにしようね」なんて言っていたのですが、実際に目で見てみると値段によってあまりにも色が違いすぎるということに驚きました。
「安くても明らかに色が違うと、さすがに周りから浮いて、これは恥ずかしいな・・・」と思い、それなりの値段のものを購入しました。

とはいえ、体系さえ変わらなければ何年も着れるものなので、ケチらずに購入して良かったな、と思っています。

また、実際に安いものは製法が荒かったり、安価な生地が使われているために、ダメになってしまうのも早いようです。
そんなことも頭に入れつつ、値段だけではなく質も多少は重視して、礼服を選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でえむずすたいるネットをフォローしよう!