綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

スノーボードウェアの洗濯はどうする?保管方法と手入れのコツを解説!

スノーボードウェアの洗濯はどうする?保管方法と手入れのコツを解説!

スノーボードやスキーを楽しむ季節が来ると、冬にしか満喫できないスポーツとあって、休日が来るたびに雪山に出かける方も多いのでは?
でも、使用頻度が高いほど気になってくるのがウェアの汚れです。
外側の汚れはもちろんですが、内側も汗で汚れていたり臭ったりしますよね。汚れたまま放置しておくと、カビが発生したり、ウェアの撥水性などの機能が落ちてしまいます。
とはいえ、頻繁にクリーニングに出していては、お財布にもやさしくないですよね?できれば自宅で洗いたい、という方のためにスノーボードウェアの自宅での洗濯方法や保管方法、手入れのやり方についてご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

スノーボードウェアの洗濯はどうする?スノボウェアの洗い方!

まずは、ウェアの洗濯表示マークを確認しましょう。水洗い不可のものは残念ながら自宅での選択は難しいです。

水洗い可能であれば、洗い桶などに30度以下のお湯をウェアが浸かるくらいまで入れ、中性洗剤を入れましょう。ウェアのジッパーなどをすべて閉めてからたたんで、空気を押し出してから洗い桶に入れてください。ウェア全体を浸したら、押し洗いをします。押し洗いが終わったら、洗濯機で軽く脱水します。

脱水後は2回ほど綺麗な水ですすぎ洗いをします。水の濁りがなくなるまで、水を変えながら数回すすぎましょう。
すすぎが終わったら、ジッパーを開け、洗濯機内に広げて置き、短時間脱水します。

脱水の後はウェアの形を整えて乾かします。乾燥させるときは、完全に乾くまでは陰干ししてください。生乾きは臭いやカビの原因になりますので、しっかり完全に乾かしてくださいね!

自宅でスノーボードウェアの洗濯ができない場合には、宅配クリーニングを利用するのもひとつの手です。パソコンやスマホからの申し込みで完結するので忙しい人にはおすすめです。

スノボウェアも対応の宅配クリーニング

スノボウェアの保管方法は?普段着に着ることは可能?

折角ウェアを自宅で洗っても、保管方法が間違っていては生地が劣化したりして次のシーズンに使えなくなってしまうことも・・・。
長く快適にスノボウェアを着るためにも正しい保管方法を知っておきたいですね。

洗濯・乾燥後のウェアには忘れずに撥水スプレーをかけておきましょう。スプレーを使用するときは必ず屋外で、吸い込まないように風向きに注意して使ってください。

まず、目立たないところにスプレーして見てシミにならないか、変色しないか確認しましょう。大丈夫でしたら、全体にまんべんなく薄くスプレーして、乾かす。これを4回から5回繰り返します。面倒だからといって一度に大量にかけてしまうと液垂れしてしまいますので気をつけてください。お尻の部分など、よく濡れる部分には特に念入りにスプレーしておくと良いでしょう。

撥水スプレーをかけ乾燥させたら、シワにならないように形を整えてハンガーにかけ、湿度の低い日の当たらない場所にかけておきましょう。
かさばるからといって、圧縮袋などに入れてしまうと折ジワが付いてしまい性能が落ちてしまいます。お気に入りのウェアを長く、気持よく使うためにもなるべくシワにならないように保管するように気を使ってみてください。

スノボウェアはデザインによっては普段着としても使えますが、色や柄が派手目のものが多いので、分かる人が見ればすぐにわかると思います。リフト券を入れるポケットなどが付いているウェアもありますし、普段着として使えるものは限られているといえるでしょう。


スポンサードリンク

スノーボードウェアの手入れ 普段からどうすればいい?

スキー場でたくさん遊ぶとおなかがすいてしまいますよね。食べている時にうっかり食べこぼしてウェアにシミがついてしまうことも・・・
そんな時には、摘みとっておいて、帰ってから洗いましょう。

また、ウェアを自宅で洗った際にストーブに当てて乾燥させるのは避けましょう。合成繊維を使用したウェアだと熱で変色してしまったり、表面が傷んでしまうことがあります。最悪の場合、ストーブの火がウェアに引火して火事に・・・なんてことも考えられますのでくれぐれも注意してください!
安全のためにも、ウェアの劣化を防ぐためにも風通しの良い場所で陰干ししましょう。

まとめ

自宅でのウェアの洗濯・手入れについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
楽しいスキー・スノボシーズンはもう目前。汚れたウェアでは存分に楽しめませんよね。清潔な、よく手入れされたウェアを着て滑れば爽快感や楽しさは倍増すること間違いなしです!
クリーニング代も節約できますし、その分、より多く滑りに行けるかも・・・?!
是非、今回ご紹介した手入れ方法を参考にして楽しいスキー・スノボライフを満喫してくださいね^^。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪