ひるちゃん(芸人)の幼少期の画像に注目!眉毛の濃さやおでこの広さは変わらないのか徹底調査!


「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」の出演で注目を集めている芸人のひるちゃん

ゲジゲジ眉毛の強烈なキャラが印象的ですよね^^。

冷えピタを貼りたくても、毛深くておでこが狭いせいでうまく貼れないことを嘆く、濃ゆ~いキャラが売りのひるちゃんですが、

子供の頃から今と同じく毛がフサフサでおでこが狭く、眉毛も濃かったんでしょうか?

ネット上には、ひるちゃんの幼少期の写真が衝撃的すぎる!という噂もあるようですが・・・。

個性的な吉本所属の芸人ひるちゃんの子供時代の画像と見た目を調べてみました!

目次

「インポッシブル」ひるちゃん(芸人)の現在までの経歴は?有名になったきっかけに迫る!


ひるちゃんの強烈な見た目と、二人のハイテンションな芸風がウリの「インポッシブル」。

吉本の芸人ですが、東京NSC10期生出身のえいじとひるちゃんの2人が2005年に結成したコンビで、東京吉本所属です。
2021年現在、活動年数だけで見ると、ベテラン並みの芸歴16年になります。

吉本の芸人は普通、「ボケ」担当と「ツッコミ」担当でコンビを組みますが、「インポッシブル」の場合は、えいじが「スピード」を、ひるちゃんが「パワー」を担当しているとのことで、ちょっと変わった異色のコンビです。

・・・というか、えいじは名前だけなのに、ひるちゃんは「ちゃん」が最初からついているので、さん付けで呼ぼうとすると、「えいじさん」と「ひるちゃんさん」になり、バランスが取りづらいですね・・・^^;。

ひるちゃんの苗字は、「蛭川(ひるかわ)」なのですが、相方のえいじが「ひるちゃん」というニックネームで呼んでいたことから、そのまま芸名に採用したそうです。

ひるちゃんのwiki風プロフィール

  • 本名:蛭川 慎太郎(ひるかわしんたろう)
  • 生年月日:1986年04月01日(34歳/2021年3月時点)
  • 身長/体重:171cm /72kg
  • 血液型:O型
  • 出身地:神奈川県 小田原市

2人が一緒に並ぶと、えいじの顔が薄くてあっさりしている分、濃いひるちゃんの顔がひときわ目立ちます。

どう見ても84年生まれのえいじの方が年下に見えるのですが、実は86年生まれのひるちゃんのほうが年下なんですよね・・・。汗

濃すぎる顔ゆえに老けて見えがちなのかもしれません。

薄毛で悩む中年男性からは羨ましすぎるフサフサな髪と眉毛がトレードマークのひるちゃんですが、幼少期からこの見た目のまんまだったんでしょうか?

ひるちゃんの幼少期の画像を探してみました。

ひるちゃん(芸人)の幼少期の画像に注目!眉毛の濃さやおでこの広さは変わらないのか徹底調査!

過去、「水曜日のダウンタウン」で、「ひるちゃん以上に額が狭い人などこの世にいない説」をテーマに、ひるちゃんの額は何センチあるのか、番組内でその長さをミリ単位まで計測したことがあります。

その結果は、おでこの長さが「2.5cm」で、眉毛から顎までの長さが「15.3cm」。

つまり、顔と額の比率は「14%」で、ひるちゃんの額はめちゃくちゃ狭い!ということが、見ただけのイメージではなく、数字でしっかりと立証された形となりました。

さすがに幼少期のおでこの長さと全体比率の記録はありませんが、ひるちゃんの幼少期の写真を見てみると・・・

番組で公開された写真で、ひるちゃんが何歳の時なのかは分かりませが、だいたい3歳半くらいにはおむつを卒業する子どもが多いことを考えると、その前後の年齢でしょうか?

さらにえいじが公開したひるちゃんの赤ちゃん時代の写真はコチラ・・・

赤ちゃんなのに、眉毛ふさふさで、しかもおでこはやっぱり狭い!
眉毛より下の面積が圧倒的に広い!!

写真に出てきているお父さん、お母さん、おじいちゃんらしき人たちもみんな眉毛がしっかりしていますね。

これはまさにDNAパワー!

ひるちゃんの眉毛の濃さやおでこの狭さは、幼少期から始まったことではなく、赤ちゃん時代からだった!というのが正解のようです。

ひるちゃん(芸人)とこち亀の両津を改めて比較!実写版「両さん」のそっくり度はどのくらい?

ひるちゃんは、自分のふっさふさな毛深さと濃いキャラを生かして、こち亀の両津のモノマネを趣味としています。

単純に「両さん」のコスプレをして両津のキャラになり切るだけでなく、表紙をそのまま再現するという熱量の高さです。

こち亀は、香取慎吾が実写ドラマで昔話題になったことがありますが・・・

とにかく濃いキャラの両津は、香取慎吾よりも、ひるちゃんの方がシンクロ率が断然高いですね!

見比べてみると、香取慎吾の両津は清潔感があって、毛がまだまだ足りない!サッパリとした小綺麗感がありますね。

ちなみに、歴代の両津実写版はこんな感じ・・・。

かつらなしで、地毛だけでも両津を再現できるひるちゃんのレベルの高さは、はっきりいって群を抜いているといえるんじゃないでしょうか!

さいごに

ひるちゃんの幼少期はもとより、赤ちゃん時代にまでさかのぼって画像を確認してみましたが、本当にひるちゃんの濃さは生まれながらのものでしたね!

赤ちゃん時代の写真はちょっとクレヨンしんちゃんにも通じるものがあるような気も・・・?

「こち亀」両津に対する愛情あふれるひるちゃんだけに、いつの日かひるちゃんの実写版が実現する日も来るかもしれませんね^^。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから
目次
閉じる