サンタクロースの手紙 英語
子どもが英語でサンタクロースにお手紙を書く方法をお伝えしましたが、手紙を出せば人間誰しもお返事を期待しちゃいますよね!もちろんプレゼントだけでも子どもは大喜びしますが、サンタさんからのお手紙のお返事があれば、喜びは何倍にもなるというもの。

そこで今回はパパとママがサンタさんのお手紙のお返事を英語で書く時のための英文の文例、サンタさんとの手紙交換のコツ、クリスマスの雰囲気を盛り上げる英語の絵本についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

サンタクロースからの手紙の返事を英語で書くには?

サンタの返事の手紙
お子さんが書いたサンタへの手紙に対して、パパ・ママがサンタに代わって返事を書く場合の、準備や例文をご紹介します。クリスマスプレゼントに返事を添えてあげると、子供たちの嬉しさも倍増ですよ!

どんな紙に、何で書けばよいの?

パパ・ママが返事を書いたとしても、子供にはサンタからと思わせるような努力が必要です。小学生以上であれば、必ず、返事を書く便箋やカードには、日本語が書かれていないものにしましょう。

(例えば、中国製、日本製といった表示も注意です!小学生くらいになると「あれ?」と気づきます^^;!!) サンタはフィンランドの人ですから、洋風な便箋洋風なカードに書くようにしましょう。

手書きに自信がなくても、万年筆で書くと雰囲気が出ます。ゲルインキ以外の普通のボールペンは雰囲気を壊すので、できれば避けてください

そしてできれば、英語は筆記体で書きましょう。雰囲気を出し、かつ筆跡をごまかす効果があります^^。(注:本来は現代の手紙に筆記体は使いません。)

尚、幼稚園生までであれば、大好きなキャラクターを使うと子どもが大喜びします。
手紙を受け取った時に、「うわぁ~!サンタさんは、○○ちゃん・○○くんの大好きなキャラクターのことも知ってるんだね!」とパパとママが横でちょっぴりビックリしたような表情で言うと、子どもはにっこり微笑みながら大喜びするのではないでしょうか。



幼稚園までの子どもなら大喜び間違いなしのキャラクターレターサービス

幼稚園生までなら、まずはひらがなを覚えてもらう、興味をもってもらうという意味でも、日本語で大好きなキャラクターのお手紙にして、最後に「○○ちゃん・○○くんのことがだいすきなさんたさんより」と締めくくるといいでしょう。

郵便受けに入っていても、パパとママは気づかないふりをしてスルーしてください。
是非子どもが自らお手紙を発見させるようにしてあげてくださいね!

さて、お話を戻しまして、サンタさんの返事の英語の例文を具体的にご紹介していきます。

サンタさんの返信 基本の英語例文

Dear ○○
Thank you for your lovely letter. I was very happy to read it.

1)挿入文1
2)挿入文2
You have been nice this year so I brought the present you asked for.
Do you like this? I hope you do.
Well…I’ll give my word to you. Try to keep it until next Christmas.

3)挿入文3
God bless you and be happy always!
Your friend, Santa Claus
訳:○○へ。
可愛い手紙をありがとう。とても読んで幸せな気持ちになりました。
1)挿入文1
2)挿入文2
君は今年とても良い子だったので、お望みのプレゼントを持ってきたよ。
気に入った?気に入ってもらえたらいいな。
さて、僕とのお約束を書きます。次のクリスマスまで守ってみてね。
3)挿入文3
君の友達・サンタクロースより

挿入文の例

【挿入文1 質問への回答】
・君の質問に答えるよ。
I will answer your question.

・ケーキは大好きだよ。
I like cakes so much!

・好きな食べ物はステーキです。
My favorite food is stake.

・フィンランドに住んでいます。
I live in Finland.

・そりに乗って家から家をめぐり、プレゼントを置いていくんだよ。
I fly on the sled from house to house and leave the presents for children.

・誰が良い子か悪い子かリストを作っているよ
I make a list to find who is good or bad.

・ルドルフは特別なトナカイなんだよ。
Rudolph is the special reindeer! 

【挿入文2 近況についてのコメント】
・僕もクリスマスが大好きだよ。
I love Christmas too!

・君のピアノを聴いてみたいな。
Let me hear your piano.

・良い子だったんだね!
You’ve been good boy(girl) right?

・すごい!頑張ったんだね!
Great! You did your best!!


【挿入文3 サンタからの(パパ・ママからの)お約束】

・兄弟仲良くしてね。
I hope brothers(sisters) be nice to each other.

・友達と仲良くしてね。
Be friendly to your friends always.

・早寝早起きしてね。
Keep early hours, keep good hours.

・毎日お花に水をあげてね。
Water the flowers every day.

・いつも健康でいてね。
Stay fine always.


スポンサーリンク

サンタとの手紙交換、素敵な演出方法

お子さんからお手紙を預かってから、返事を渡すまでの素敵な演出方法をご紹介しますね^^。

サンタの置物は異次元への扉?

これは我が家で実践している方法です。まず、子供が書いた手紙を小さく折り、部屋に飾ってあるサンタの陶器の置物の中に入れます。陶器の置物は中が空洞で、多くの場合底に大きな穴が開いていますから、中に詰めるのは簡単です。

子供には「ここに入れておくと、いつの間にか消えて、サンタさんへ届く」と伝えておき、夜中子供が眠ったら手紙を抜きます。

返事の手紙はクリスマスの朝、プレゼントに添えておきます。

今のところ、この演出は見破られていません。適当な陶器の置物がなければ、小箱に入れて窓辺に置いたり、クリスマスツリーにぶら下げておくというのも良いですよ。

クリスマスにぴったりな英語の絵本、おすすめはこれ!

サンタさんからのお手紙と一緒にクリスマスにぴったりな英語の絵本を添える、というのもいいアイディアですよ。

うちの子どもたちも「サンタさんからもらった本!」ととても大事にしていました^^。
おすすめの英語の絵本をご紹介しますね!

Yes, Virginia, There Is A Santa Claus: The Classic Edition

Yes, Virginia, There Is A Santa Claus
>>Yes, Virginia, There Is A Santa Claus: The Classic Edition

まずは王道から。この本の表紙を書店で見たことがある人も多いと思います。それくらい有名な絵本です。「サンタクロースは実在するの?」という素朴な疑問からはじまった、とても温かい物語です。
・著者:Francis P. Church
・ページ数:32ページ
・対象年齢:4~8歳(個人的には、もう少し上の年齢でも楽しめると思います。)

HOW SANTA REALLY WORKS

How Santa Really Works
>>How Santa Really Works. Alan Snow
サンタクロースについて子供たちが疑問に思っているアレコレを、イラストを使って解説してくれる、大人にも楽しい絵本です。
・著者:Alan Snow
・ページ数:12ページ
・対象年齢:4~8歳(こちらも、もう少し上の年齢まで楽しめると思います。)

Rudolph, the Red-Nosed Reindeer

Rudolph, the Red-Nosed Reindeer
>>Rudolph The Red-Nosed Reindeer
クリスマスソングが日本語に訳されるとき、歌詞の意味が大幅に変わることがよくあります。しかし「赤鼻のトナカイ」は、英語の歌詞と日本語の歌詞の意味がほぼ同じ。子供たちが日本語で歌ってきたこの歌のストーリーを、今度は絵本で楽しみましょう。
・ページ数:12ページ
・対象年齢:小学校中学年から高学年

Santa Claus Is Coming to Town

Santa Claus Is Coming to Town
>>Santa Claus Is Coming to Town (Sing-Along Storybook)

・ページ数:6ページ
・対象年齢:乳幼児~就学前児童

こちらは歌の歌詞でもお馴染みですね^^。
絵本だと飽きてしまう幼児には、クリスマスソングを一緒に歌ってあげるというのも手です。

日本では「サンタが街にやってきた」というタイトルのこの曲、実はもともとの英語の歌詞は、日本語のものと大きく違うのです。「泣かないで」「怒らないで」「早く寝て(爆!)」と、パパ・ママが子供たちにお願いしたいことが沢山でてきますよ。

その理由を子供たちに歌いながら説明してあげましょう!

さいごに

サンタクロースは子どもたちにとっての永遠のロマンですよね^^。
パパとママはいつまでも子どもの夢を守ってあげたいもの!

今日の記事がお役に立てましたら幸いです♪