綺麗になりたいあなたのための女子力アップ情報をお届け♪

menu

えむずすたいるネット

雪かきはいつどんな道具を使ってするの?除雪を依頼する場合の相場はいくら?

冬といえば、小さな子供たちやスキーヤー、スノーボーダーさん達にとっては、恵みの雪の季節でとても楽しみなシーズンですよね。
ですが、北国や豪雪地帯にお住まいの方であれば、雪かきのシーズンでもあります。
毎年のこととはいえ、降雪量が多くなれば腰は痛くなるし、大変な重労働ですよね。
一方で逆に降雪量が少ない地域にお住いであれば、めったに雪が降らないのに今年は珍しく積もった!いったい雪かきはどのタイミングで始めればいいんだ?!と悩んでしまうことでしょう。
今回は、雪かきのタイミング雪かきの道具除雪をお願いする場合のおおよその相場についてご紹介していきます!

▼凍結した雪道が苦手なあなたにおすすめの記事▼
スポンサードリンク

雪かきはいつする?タイミングは?

皆さんは、雪が降り始めてからどのくらいで雪かきを始めますか?
雪かきを始めるタイミングでおすすめなのは、5〜10センチくらい積もってからです。どうせまだ降るんだからもっと後、もしくは降り止んでからでもいいのでは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、たくさん積もってからだと雪が重くなりますし、より大変になります。ですので、降雪が少ない内に雪かきをして、また少し積もったらもう一度、というように数度に分けて雪かきをするのがベストのタイミングです。

雪かきの道具は何を使う?やり方と注意点

さて、では次に雪かきの道具についてご紹介していきますね!

・ほうき
降雪が少ない地域や、降り始めの雪かきにおすすめです。雨混じりの湿った雪だとやりにくいので、別の道具を使いましょう。

・雪はねスコップ
プラスチックやアルミ製のスコップです。軽くて柔らかい雪、量が少ないときの雪かきに最適です。プラスチック製のスコップは固い雪に無理に差し込もうとすると割れたり欠けてしまったりするので、注意しましょう。

・ラッセル
横幅の広いスコップのような形をしています。広範囲の雪を持ち上げることなく一度に移動させることができます。

・スノーダンプ
大型の除雪道具です。豪雪地帯では必須といっても過言ではありません。一度に大量の雪を運べる除雪時の強い味方です。

・剣先スコップ、角スコップ
固くなってしまった雪を崩すのに使います。

雪かきを楽にしてくれる家庭用から業務用まで♪除雪機のスペックをチェックするならこちらから!

スポンサードリンク

これらが雪かきに使う主な道具となります。どの道具を使うときにも、いくつか注意点があります。
まず、腕の力だけに頼って雪かきしないこと。腕を痛めてしまったり、後で筋肉痛になったりします。

雪を持ち上げるときには、膝を曲げて、体全体を使って持ち上げること。前かがみの姿勢だと、腰を痛める原因になります。

持ち上げた雪を捨てるときは、体をひねりすぎないこと。これも、腰を痛めることにつながります。

毎年、雪かきで身体、特に腰を痛める方が多いですので十分に気を付けてくださいね。

雪下ろしを依頼するにはどこで?相場料金はどれくらい?

けがや体調不良、さまざまな理由で自分で除雪できない時もあると思います。
そんな時は除雪業者に頼るのもアリですよ!

ネットや電話帳でお住いの地域の除雪業者を検索してみましょう。いくつか候補が出ると思いますので、料金の見積もりをお願いしましょう。
お住いの地域や作業内容、作業時間などで料金は変動しますので一概にこれくらいの料金です、とは言えないのですが・・・
例えば、北海道札幌市の場合だと、屋根の雪下ろし込みの作業を依頼した場合、作業員一人一時間につき3000円〜5000円ほどです。除雪のみの作業だと、作業員一人一時間1500円〜4000円になるようです。ただし、屋根の雪下ろしは危険な作業のため、二人以上で作業することが多いので料金は人数分だけ増える計算になります。

降雪の少ない地域では、雪下ろし込みで作業員一人一時間につき2000円ほど、と安価になっています。

また、一人暮らしのお年寄りのために雪かきボランティアを実施している自治体もありますので、是非お住いの地域を調べて活用してみてくださいね^^。

まとめ

雪かきの道具や雪かきの仕方などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
北国住まいの経験のあるえむちゃんママは、毎年雪が降って喜ぶ子供の横でこっそりため息をついていたものです・・・。朝起きて、車が巨大な白い塊になっているのを見てしまった時はもうどうしようか・・・、と途方にくれたこともあります。でも、車は何とか救出しないと出勤できない・・・渋々、スコップを握りしめ、雪と格闘><!!
そんな厄介な重労働である雪かきですが、見方を変えれば冬場のいい運動になります。
どうせやらなければいけないことであればポジティブにとらえて楽しくやりたいものですよね♪
けがや安全に注意して、雪と付き合っていけるよう、今回ご紹介した道具や方法を参考にしていただければ、幸いです^^。

スポンサードリンク


お役に立ったらシェアしてね♪

はてなブックマーク Google+でシェア

スポンサードリンク

えむずすたいるネットへようこそ♪