シミの原因と改善のための食事法

暑さが増す日々、強い日差しを浴びながら気になりだすのが
顔のシミのケア
ではないでしょうか?

ちゃんと対策をしていても、年齢ととも忘れた頃にツケとしてポツポツ表れ始めるのがシミです。後で後悔しないためにもケアはしっかりしておきたいもの!

今回は

がっかり

・顔のシミが気になるけど・・・何をどうケアしたら良いかわからない
・どうしてシミ対策しないといけないの?

という疑問をお持ちの方のために

  • シミができる原因
  • シミの原因と改善のための食事法
  • できてしまったシミをバレないように上手に隠すコツ

をわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

シミができる原因は何?5つのシミの大敵を知ろう

シミができる原因
シミができる原因は大きく分けると5つあります。
順番にみていきましょう。

1、紫外線の問題

紫外線はシミの原因となるメラサイトを刺激し蓄積させると同時にコラーゲンを破壊させます。

メラサイトはシミの原因の黒いカーテン。
単純に皮膚ガンから守ってくれるために現れるものなのです。

よく耳にするコラーゲンは、肌の回復力の源です。刺激があった肌を回復させる力がありますので破壊されてしまうとシミをなくす事が出来なくなってしまいます

2、肌に塗った化粧の問題

UV効果のある化粧は確かに紫外線から守ってくれる働きがあります。

しかし、長時間メイクや化粧を落とさずそのまま寝てしまうと肌が呼吸できなくなると同時にメラサイトを刺激し、シミを促進させてしまうのです。

今日はちょっと疲れているからと帰宅後、化粧も落とさずそのまんまバタンキュー、まさかしていませんよね?!

3、摩擦の問題

下着の跡・・・Vラインなど黒ずんでしまった経験はありませんか?
他にも床ずれなど皮膚の色が変化しますよね。

これは摩擦により起こるものです。
身体は肌を守ろうとメラサイトを放出します。

4、体調の問題

ストレスなどで自律神経やホルモンバランスなどが崩れたりしてしまうと直接メラサイトを刺激してしまうため、シミの原因となります。

5、食事の問題

ジャンクフードや油分、糖分を多く含んだ菓子類等の過剰摂取は、体内を酸化させ、肌作りの大切なビタミンやミネラルが奪われてしまいます。

肌の回復ができないとシミは浮き出てきます。

シミを防ぐためにできる4つのこと

シミ予防方法
さて、シミの大きな原因が把握できたら、きっちり対策を立てたいところですよね。

では早速、「シミ防ぎ方法四箇条」をご説明しましょう。

必ず日焼け止めを塗ること

意外と知られてないのですが、紫外線は年中無休なのです。

春から夏にかけて特に強まるというだけで、常にシミと隣り合わせなのです。

冬などの寒い季節は、長袖等を着るので防げていることが殆どですが、顔は紫外線を浴び続けています。季節を問わず、紫外線対策を必ず行うようにしましょう。

日焼け止めについては、以下の記事でも詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

メイクは必ず落とすこと

原因の(2)で説明した通りなのですが、化粧の油分等はメラサイトの刺激になります。
落とさず寝るなんて、とんでもない!

「ゴールデンタイム」って耳にしたことありませんか?
「ゴールデンタイム」は夜10時~夜中2時の時間帯を指します。本来人間が寝る時間帯で、この時間に肌は癒され回復し、メラサイトを外に放出するサイクルになっています。

ですが、最近はライフサイクルの変化や残業続きなどでどうしてもその時間に寝れないということもありますよね。

だからこそ、化粧は必ず落としてください。少しでも肌を休ませてあげるようにしましょう。

気になるお肌の毛穴に詰まった角栓については以下の記事をご参照ください。

洗顔後のケアはしっかりと

洗顔した後は必要な油分も出てしまうのでしっかりケアしてあげないと、回復するはずのお肌も回復しません。

ですので、洗顔後は化粧水でやパックでしっかり水分を取り入れ乳液で閉じ込めて下さい。

常日頃の洗顔後のスキンケアがきちんとできていないと、メイクの時、ファンデーションがよれる原因にもなります。

実は気持ちの持ちようでも変わる肌

どんなにいいケアをしていても、気持ちが落ちていたり、疲れているとこれが肌にも表れます。

何か嬉しいことがあった時など
今日何かいいことあった?肌ツヤがいいね?
なーんて言われたことありませんか?

病は気からというように、肌にも影響が出ます。
本当に綺麗になりたいのであれば、心の持ちようも非常に大切です。

ただ、だからといって本当に辛い時に無理して笑えというわけではありません。無理をすれば反動が来るのもまた人間の心というものです。

精神的なものは肌にも繋がるということで、辛い時は誰にでもありますので、泣きたいときには思いっきり泣くなど上手にストレスを解消できるように意識してみましょう。
くれぐれも無理は禁物ですよ!

別名「幸せホルモン、幸せ成分」とも呼ばれるセロトニンについては以下の記事で解説しています。


スポンサーリンク

シミの改善の食事は?シミにいい食べ物ってあるの?

シミの原因でも紹介した食事の中でもシミの対策や改善に良いとされるものはあります。

まず、特に摂取を意識したいものが「ビタミン」です。

ビタミンには、お肌の修復力があるとよく言われているので聞いたこともあるのではないでしょうか?

・・・・ですがここで問題点がひとつあります。

ビタミンの摂取は意外と難しい

ということです。

ビタミンは、1日取れる量が決まっていて、必要以上に摂取すると尿として排出されたり、また調理の仕方によっては実はビタミンが失われて摂取できていなかったりします。

そのため、意識的に摂取する必要があるのです。(とはいえ、何事もそうですが、過度な摂取はいけませんよ!)

  • 緑黄色野菜は必須
  • 緑黄色野菜
    加熱の仕方によってはビタミンが流れ出てしまうことが多いのでできれば生食がオススメです。

  • トマト
  • トマト
    緑黄色の中でも大事なのがトマトです。
    βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、E、B群とミネラルをバランス良く含むトマト。
    さらにリコピンには、メラニンの生成を防いでくれる作用があります。

  • バナナ
  • バナナ
    バナナはビタミンB2、B6を果物の中で一番含んでいて、抗酸化作用が一番強い食べ物です。

  • ピタミンサプリメント等の健康補助食品
  • ビタミン剤
    食事ではありませんが、日々のビタミン摂取に自信のない方は、手っ取り早い取り方になります。

30代~【年代別サプリ】はコレ
↓↓詳細はクリック↓↓

また、シミ対策に良い食べ物としては以下の飲み物もあります。

  • コーヒー、ワイン、緑茶
  • コーヒーワイン緑茶
    これらの飲み物に共通するものは「ポリフェノール」です。

    ポリフェノールのは抗酸化作用があり、1日2杯コーヒーを飲む人はシミが少ないという検証結果も伝えられています。

  • 豆乳
  • 豆乳
    豆乳はホルモンバランスに効くと言われているのでホルモンバランスが原因でシミができた方にオススメします。

コーヒーについては以下の記事で詳しく解説をしてますのでご一緒にどうぞ。

消えないシミを上手に隠す方法は?バレないメイクのコツはこれ!

シミを隠す方法
疲れているとクマができたり、日焼け止めだけだとシミが目立ってしまったり、女に生まれたからには鏡を見る度に悩みは絶えないもの・・・。

クマやシミを上手に隠す方法をマスターしましょう。

シミ隠しのために持っておきたい便利な化粧品と道具

  • リキッドファンデーション
  • パウダーファンデーション
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー
  • スポンジ(リキッド用、コンシーラー用など別々に用意しておく)
  • ブラシ

小さいシミで軽く隠したい時

リキッドファンデーションを軽く塗った後、コンシーラーをシミの部分に軽く塗り、スポンジで軽く叩きなじませます。

コンシーラーはスティックものが楽でオススメです。

その後、フェイスパウダーで仕上げるとナチュラルに仕上がりキレイです。

濃いシミを全体的に隠したい時

リキッドファンデーションを塗り、気になるとこにコンシーラーでピンポイントに塗って指で軽く叩きぼかします。

それでも消えない場合には、その上から軽くコンシーラーをのせ、スポンジでぼかしていきます。

ぼかしがないと厚化粧になってしまうので、首元と色が変わりすぎないように注意しましょう。

暗いところでメイクをするとどうしても濃くなりがちなので、太陽光の当たる明るい場所で鏡をチェックしながらカバーしてくださいね!

化粧下地の色の選び方は肌色によって変えるのがGOOD!

化粧下地は「ピンク系」「黄色系」で分かれています。

ピンク系

元々肌の血色が悪く、くすんで見える方にオススメです。

黄色系

顔の赤みが強く赤みを抑えたい方にオススメです。

どちらでもない場合には?

自分の首元に合う下地を使うようにしましょう。

シミ隠しコスメおすすめは?

もしもまだ自分の持っているコスメの中にシミ隠しがうまくできるものがなく、自然に上手く隠せるメイクを探しているのであれば、しみ、くすみ、毛穴カバーの分野で口コミ評価が高いコーセーのCCクリームがおすすめです。

「化粧下地」「ファンデーション」「フェイスパウダー」「クリーム」「日焼け止め」の5つの役割がオールインワンになった時短美容コスメなので、忙しい朝でもササッとシミ隠しができます。

また、SPF50なので塗り直しまでの時間も長めに持てる点もポイントです。色は2種類から選択できます。

▼詳しくはこちら▼

さいごに

きちんとケアをしているのとしていないのでは数年後に大きな差が出てしまうのがスキンケアです。まだ今はシミがゼロだからと安心してケアをしていないと忘れた頃にツケとして出てくるのがシミの怖いところ。

できてしまったものをなくすのは大変な労力とお金が必要になります。なのでシミがない時からこまめにケアをしてあげるのが一番の美肌への近道といえますね^^。

50代、60代になってからもっと若い時にちゃんとやっとけばよかったーー!と後悔することがないように、日頃からしっかりケアしてくださいね♪

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でえむずすたいるネットをフォローしよう!